歯ブラシの除菌については、
効果のあるとされる方法が、
色々と世間で噂されている。

 

でも中には逆効果になる除菌方法も……。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
歯ブラシの除菌について。

 

案外シンプルな方法が良い歯ブラシの除菌情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

歯ブラシの紫外線除菌の前に

歯を磨くのに使った歯ブラシには、
1億以上の細菌が付着する。

 

もちろん、
このまま放置というわけにはいかない。

 

歯ブラシを除菌する必要があるから、
以下の作業は確実に行おう。

 

使用した歯ブラシの基本的な除菌
  • 食べかすをとる
  • 水洗いをする
  • 乾燥させる

 

これらを行った上で、
次にお伝えする紫外線除菌を行うと、
高確率で良い結果が出るよ。

 

紫外線除菌の効果は?

歯ブラシを紫外線除菌すると、
細菌の99%以上を除去できる物すらある。

 

アドバンスシリーズという、
歯ブラシ除菌器だけど、
除菌と乾燥を繰り返し行ってくれるよ。

スポンサードリンク

避けたい除菌方法

歯ブラシの除菌は大切。

 

でも熱湯による、
歯ブラシの除菌は避けよう。

 

熱湯を使った除菌は、
歯ブラシの素材を劣化させるから、
歯ブラシの寿命を短くする。

 

あとアルコールスプレーを使った除菌は、
無意味とされていることにも注意したい。

 

アルコールによる除菌は、
アルコール濃度を70%以上を維持しないと、
除菌効果が生じない。

 

だからアルコールを、
スプレーなどで吹き付ける除菌は、
気休め程度にしかならないとされているよ。

 

まとめ

歯ブラシの除菌は、
1.食べかすをとり、2.水洗いをし、
3.乾燥させるという流れが基本。

 

この一連の流れのあと、
紫外線除菌をすると、
細菌の多くが死滅するよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事