カフェインと言えば、
眠気覚ましの飲み物として有名!

 

仕事や勉強の途中で、
眠気に襲われたときに飲む人も多い。

 

今回はそんなカフェインの、
飲み物別の含有量についてまとめたよ。

 

眠気と戦う現代人が知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

カフェインについて

カフェインは、
眠気覚ましの成分として有名。

 

反面、過剰な摂取をすると、
自律神経を乱したりもする。

 

だからカフェインの服用には、
多少の知識を持っておいた方が良い。

 

カフェインの効果

カフェインは眠気覚まし以外にも、
痛みの緩和にも用いられる。coffee-563797_640

 

痛みを緩和する効果については、
風邪薬や頭痛薬の成分として、
その効果を発揮しているよ。

 

カフェインの副作用

カフェインの過剰摂取は、
副作用の原因になる。

 

カフェイン含有の飲み物を、
過剰に摂取することで、
胃液の分泌を過剰に促すことになり、
胃痛の原因になったりする。

 

さらに鉄分の吸収を阻害して、
貧血の原因を作り出すこともある。

 

特にカフェインの摂取で注意したいのが妊婦

カフェインの副作用で、
特に注意したいのが妊婦さん。

 

woman-400574_640

妊娠中には、
カルシウムを多く摂る必要がある。

 

でもカフェインを口にすると、
尿から排出されるカルシウムの量を、
増やしてしまう。

 

それに胎盤から赤ちゃんへと、
カフェインが運ばれて、
低体重児、早産、流産の、
原因になる可能性もある。

 

カフェインの入った飲み物を口にして良い量は?

日本では、
1日のカフェイン摂取量については、
基準を定めていない。

 

でもWHO(世界保健機関)だと、
妊婦がコーヒーを飲む場合は、
1日にカップ3杯~4杯と基準を定めている。

 

コーヒーは1カップで、
100mg程のカフェインが入っている。

 

これが3杯~4杯だから、
カフェインの摂取量は、
1日に200mg~300mgが目安ということになる。

 

1日に口にして良いカフェインの量は、
案外多いといえるかもしれないね。

 

カフェインの効果と副作用

cup-of-coffee-455423_640

ここではカフェインの、
副作用や効果について、
まとめたおくよ。

 

まずはカフェインの、
効果から。

 

カフェインの効果
  • 眠気を覚ます
  • リラックス
  • 利尿作用
  • 集中力の向上
  • など

 

次にカフェインの、
副作用についてまとめるよ

 

カフェインの副作用
  • めまい
  • 興奮
  • 下痢
  • 不眠症
  • 不安
  • カルシウムの排出
  • カフェイン中毒

 

この副作用の中でも、
特に注目したいのが、
カフェイン中毒

スポンサードリンク

カフェイン中毒について

一度にカフェインを多量に摂取した場合、
急性カフェイン中毒になる可能性がある。

 

成人でカフェインを、
60分以内に6.5mg以上を摂取すると、
50%の割合で中毒になるとされている。

 

カフェイン中毒になると、
以下のような症状が出るよ。

 

カフェイン中毒の症状(一時的)
  • 緊張
  • 不安
  • 落ち着かない
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 胃痛

 

カフェイン含有量について

a-cup-of-coffee-399478_640

一般的な飲み物の、
カフェイン含有量について、
ここではまとめておくよ。

 

大体以下のような量で、
カフェインが含まれているよ。

 

カフェイン含有量(150ml)(各mg単位)
  • コーヒー=100
  • 抹茶=45
  • 緑茶=30
  • ほうじ茶=30
  • ウーロン茶=30
  • 紅茶=30
  • ココア=45
  • コーラ=15
  • 栄養ドリンク=75

 

抹茶や緑茶にも、
カフェインが含まれている。

 

でもタンニンとカフェインが結びつくので、
カフェインの効果は薄れるよ。

 

このようにお茶は、
カフェインの含有量は多いけど、
カフェインの影響は少ない飲み物なんだ。

 

まとめ

カフェインは、
摂取しすぎると副作用が出る。

 

でもホドホドに摂取するのなら、
眠気を覚ます効果で役立つ。

 

副作用に注意し過ぎて、
カフェインの効果を活かせないのは損。

 

だから飲み過ぎに注意しながら、
カフェインの入った飲み物を口にすると良いかも☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事