鯉のぼりが空を泳ぐ子供の日

 

その影には、
鯉のぼりのポールをたてる基礎工事で、
血と汗をにじませる男達の影が!

 

今回のリサーチでまとめたのは、
鯉のぼりのポールをたてる基礎工事について

 

鯉のごぼりで大切な、<b>ポール立ての情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ポールを立てる基礎工事について

鯉のぼりに使われるポールには、
2種類が存在する。

 

1つは、
ボックス型のパイルを打ちこむ、
ダイヤポール

 

2つ目は、
捨てパイプを地中に埋め込む、
ジャイアントポール

 

今回は、
ジャイアントポールの、
基礎工事について。

 

ジャイアントポールの設置方法
  1. ポール以外に準備しておく物
     ○セメント、大きめの石かコンクリートブロック
  2. パイルを埋める準備開始
     ○豆知識
       地中に埋めるのは二本のポール
       ジャイアントポールの埋める部分はパイルと呼ばれる
     ○作業内容
       捨てパイプを被せる
         パイルの下で二本付きだしているポールに
  3. 地面にパイルを埋めるための穴を掘る
     ○穴のサイズ
       大体、直径50、深さが90cmほど
     ○穴の深さの目安
       捨てパイプが地面の地平線と同じか少しだけでる位
        水気が多い場所なら少し出る位がオススメ
     ○作業内容
       穴を掘る
       穴の底に大きめの石かコンクリートブロックを入れる
  4. パイルを穴に差し込んで立てる
  5. パイルの固定を行う
     ○パイルの周辺や根元に砂利を入れる
       その後、セメントを穴に入れる
  6. セメントが固まるまで、そのままにする
     ○ポールが垂直に立っているか確認しながら
     ○セメントが完全に固まるまでそのままにする
  7. 基礎工事終了

 

これで基礎工事は終了。

スポンサードリンク

鯉のぼりを設置する時以外は、
穴にフタをするようにしよう。

 

ただしフタは、
プラスチック製である場合が多い。

 

だから上に重い物を置いたり、
踏んだりしないように注意しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事