ひな祭りの歌で、
最も有名なフレーズは──

『あかりをつけましょぼんぼりに~』

──と、
いう歌なんじゃないかな?

この歌はうれしいひな祭りという名前で、
上品さと繊細さを感じる曲調で、
80年以上前から歌われてきた。

 

だから日本の、
伝統的な歌ともいえる存在。

 

でもこの歌には、
怖い意味が込めれれているって、
ネットなんかでは言われている。

 

そこで調べてみると、
意味は怖いのではなく哀しい物であると、
判明したんだ。

 

今回のリサーチ対象は、
うれしいひな祭りに隠された意味。

 

伝統的な歌に隠された悲しい意味についての話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

うれしいひな祭りという歌について

うれしいひな祭りは、
1935年に書かれた。

 

それから80年以上も、
歌われているから、
日本の伝統曲とも言えるよね。

 

この歌の作詞をしたのは、
サトウハチローさん。

 

彼のお姉さんへの想いが、
には込められているとされているよ。

スポンサードリンク

うれしいひな祭りが持つ歌の意味は?

サトウハチローさんのお姉さんは、
若い年齢で亡くなっている。

 

そんなお姉さんへの想いを、
サトウハチローさんは、
に綴ったとされているんだ。

 

ではどのような形で、
想いが込められているのかというと、
以下のフレーズ

 

『お嫁にいらした姉さまによく似た官女の白い顔』

 

白い顔の部分が、
お姉さんの命を奪った病気の症状と、
重なるとされているよ。

 

命を奪う病気の症状と、
このフレーズが重なるから、
怖い意味だと言われているのかもね。

 

白い顔というフレーズの意味

サトウハチローさんのお姉さんは、
嫁ぎ先が決まってすぐに、
亡くなってしまったらしい。

 

その死因は結核

 

この結核の症状なんだけど、
まずによって頬が赤くなる。

 

そして目はうるんで、
体は痩せて肌は白くなる。

 

この肌が白くなるという症状が、
お姉さんの官女の白い顔というフレーズと、
重なるとされているんだ。

 

まとめ

うれしいひな祭りの意味が怖い!

 

このように言われているけど、
調べてみると哀しい意味だった。

 

でもね──真偽は不明なんだ。

 

ひな祭りの歌の意味は、
サトウハチローさんが、
自ら語ったわけではない。

 

だから歌の意味は、
の域を出ていないんだ。

 

ネットに広がっている、
都市伝説の一種と言えるかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事