節分の時には、
炒った大豆を食べるよね。

 

この炒った大豆のことを、
福豆っていうんだけど、
栄養であったり調理の仕方だったり、
気になることも多いと思う。

 

今回のリサーチでまとめたのは、
福豆の栄養効果と余りの使い道。

 

節分の大豆の隠されていない秘密さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

炒った大豆の栄養効果

豆まきの後で食べる大豆の栄養は、
炒っても炒らなくても変わらない。

 

だから大豆が、
畑の肉とも呼ばれる理由である、
良質な大豆のたんぱく質を、
炒り豆でも摂取可能ということ。

 

そんな大豆の栄養素は、
以下のような感じ。

 

大豆の栄養素(グラム)
  • たんぱく質=33.0
  • 炭水化物=28.8
  • 脂質=21.7
  • 灰分=4.8
  • 食物繊維=15.9
  • 水分=1107

 

あと、
カロリーは433calだよ。

 

他にも注目したい大豆の栄養素

soybeans-182295_640

上の一覧では書かなかったけど、
他にも注目したい栄養素が、
大豆には存在する。

 

そんな栄養素による効果は、
以下の通り。

 

大豆の栄養効果
  • 貧血を改善する
     ○鉄分による効果
  • 動脈硬化を予防する
     ○不飽和脂肪酸の効果
       血管を丈夫にし老廃物も取り除く
  • 肝臓病を改善する
     ○サポニンの効果
       過酸化脂質が増えるのを防いでくれる
     ○ビタミンEの効果
       脂肪が参加するのを防いでくれる
  • 骨粗しょう症を予防する
     ○イソフラボンによる効果
       カルシウムが骨から溶け出すのを防ぐ
  • 体脂肪を減らす
     ○サポニンの効果
       小腸に影響を与える
  • 肌を美しくする
     ○ビタミンEの効果
       血行が良くなり、
    肌荒れにも良い

 

上記のような栄養の効果を持つ大豆。

 

節分に炒った大豆(福豆)を食べると、
一年を健康に過ごせるといわれているよね。

 

栄養による効果を期待するだけでなく、
健康の願掛けをする目的でも、
大豆を節分に食べてみるといいかもね。

 

プラシーボ効果っていうのがあるからね。

スポンサードリンク

豆まきの大豆、
余りの使い道は?

豆まきで使う炒った大豆は、
必ずと言っていいほど余る。

 

むしろ余りの方が、
食べたりまいたりした数よりも、
多いかもしれない。

 

そんな炒った大豆には、
こんな形の使い道があるよ。

 

豆まきの大豆、
余りの使い道は?
  • 豆バター
     1.豆を砕く
     2.ピーナツバターに混ぜる
       使うピーナツバターは甘さ控えめの物を使おう
     3.トーストなどに塗って食べる
  • 炒り豆のバター醤油味版
     1.フライパンにバターを溶かす
     2.そこに豆1カップを入れる
     3.炒り終わったらダシ醤油で味付けをする
     4.お皿に盛ったら青海苔をまぶす
  • 豆ごはん
     1.お米(3合)をとぐ
     3合の水加減でお釜にセットする
     2.そこにお酒(大さじ1杯)、
    塩(小さじ1杯)
       福豆(3/4カッてプ)を入れる
     3.お米を炊く

 

まとめ

今回は豆まきの大豆について、
栄養効果などをまとめた。

 

節分に健康を願って食べる、
炒った大豆。

 

実際に栄養効果があるって分かるよね。

 

でも病は気からとも言われるから、
節分に健康を願って豆を食べる!

 

これって案外、
豆の栄養効果以上に重要なことかも☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事