節分には豆まきをしたあとで、
炒った豆を食べる。

 

すると1年を健康に過ごせるって、
言われているよね。

 

では食べる豆の数は、

いくつが正しいのだろう?

 

節分のに関するお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

節分の豆の豆知識

2月3日は節分

 

この日には、
豆まきをしたあと豆を食べる。

 

では何故豆を食べるのだろう?

 

豆を豆まき後に食べる理由

節分にを食べる力な説として、
せ陰陽五行説がある。

 

陰陽五行説には、
火、
土、
金、
水、
の5つがあるよね。

 

で、
陰陽五行説によれば、
豆と鬼はにあたる。

 

節分で食べる豆は、
を通して炒ってあるから、
陰陽五行説の火と関わりがある。

 

陰陽五行説によれば、
火は鬼が持つ、
金の作用を滅するとされているんだ。

 

このため炒った豆を食べると、
鬼を封じて鬼退治したことになるとされている。

 

このことから、
節分に豆を食べると、
1年の間、
病気にならないと言われているよ。

スポンサードリンク

節分に食べる豆の数は?

炒った豆を福豆と呼ぶけど、
一体何個食べればいいのか?

 

節分に豆を食べる行為には、
『”次の年”も健康に過ごせますように』
と、
いう想いが込められている。

 

このため満年齢に1つ足した数の豆を、
食べるのが一般的だよ。

 

まとめ

節分に食べる豆の数は、
満年齢+1の場合が多い。

 

でも地域による違いもあって、
満年齢と同じ数だけとかの場合もある。

 

だから節分に食べる豆の数って、
規則のようなものではなく。
もう少し緩い感じのルールって言えるんだろうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事