ベーキングパウダーとドライイーストは違うもの。

 

どちらも膨らむから似ているように感じるけど──。

 

やっぱり違いがある!

 

だから違いを知って使い分けることで、料理が一歩上の出来になるかもしれない。

スポンサードリンク

ドライイーストとベーキングパウダーの違いは?

ドライイーストとベーキングパウダーにある最大の違いは原料。

 

▼それぞれの原料▼

  • ベーキングパウダーの原料は、炭酸水素ナトリウムなど。
  • ドライイーストというのは、イースト菌を乾燥させて作る。

 

炭酸水素ナトリウムを使うベーキングパウダーの特徴

ベーキングパウダーは炭酸水素ナトリウムを使ったふくらし粉。

 

水と熱を加えると炭酸ガスが発生して、このガスによって生地が膨らむ。

 

で、生地が膨らむタイミングは焼いているとき。

 

このベーキングパウダーの欠点として、膨らむ力が少し弱いというものがある。

 

だから、弾力の強い生地を膨らませるのには向いていない。

イースト菌を乾燥させて作るドライイーストの特徴

ドライイーストは、イースト菌を乾燥させて作る。

 

イースト菌が発行した時に発生する炭酸ガスによって生地が膨らむ。

 

で、この生地が膨らむタイミングというのが生地を寝かせている時。

 

このドライイーストは、膨らむ力がベーキングパウダーよりも強い。

[quads id=2]

ベーキングパウダーとドライイーストの使い方の違い

ベーキングパウダーとドライイーストは、生地を膨らませるタイミングと膨らませる力に違いがある。

 

だから、使い方にも違いが存在している。

ベーキングパウダーの使い方

ベーキングパウダーを使うのに向いているのはケーキなど。

 

生地に混ぜるだけで膨らむので、扱うのがドライイーストよりも簡単な上に料理の時間も短くて済む。

 

ケーキ以外にも、ホットケーキ、パウンドケーキ、ドーナッツ、肉まんの皮などにも使われている。

ドライイーストの使い方

ドライイーストは、パンを作るのに使われることが多い。

 

生地にドライイーストを混ぜて、イースト菌を発酵させるために少し時間を置く必要がある。

 

でもベーキングパウダーよりも膨らませる力が強いので、弾力の強い生地にも使えるという利点がある。

 

パン以外には、肉まんの皮、ナン、ピザ、ドーナッツなどにも使われている。

ベーキングパウダーとドライイーストで作ったドーナッツの違い

ベーキングパウダーとドライイーストでは、作ったドーナッツの食感に違いが生まれる。

 

ドーナッツの場合、ベーキングパウダーよりもドライイーストを使った場合の方が、ふんわりとした仕上がりになる。

終わりに

ベーキングパウダーとドライイーストは、同じように生地を膨らませることが出来る。

 

でも膨らませる力に違いがあったりと、性質に違いがあるので代用品にはならない。

 

ベーキングパウダーの方は重曹で代用することが可能だけど、ドライイーストはそういうわけにはいかない。

 

料理を作るときは、使い分けた方が良いのは確かだね。

スポンサードリンク


おすすめの記事