2月1日の花:ボケ

花言葉:魅力的な人

 

早春になると、
紅色の花を咲かせる低木。

 

年末から咲き始める種類もあり、
コチラは別名 寒ボケと呼ばれている。

 

庭木や生け花の材料として親しまれているので、
見かけた事のある人も多いかも。

 

2月2日の花:ムスリカ

花言葉:黙っていても通じる心

 

ジャコウを意味するギリシャ語が語源のムスリカ。

 

よい香りがするのが特徴。

 

早春にフラスコ型の花を、
房一杯につける様子は、
ブドウに似ているとも言われている。

 

このため、
グレープヒヤシンスという英名も持っている。

 

草丈が低く、
花壇や寄席上に使われることが多い。

 

また切り花としても、
需要が高まっている。

 

2月3日の花:カスミソウ(霞草)

花言葉:夢見心地

 

英名だとベビープレス(赤ちゃんの吐息)。

 

白い小花がふんわりと咲く様子が、
霞がかかっているようだという理由から、
霞草(カスミソウ)と呼ばれている。

 

花束やアレンジメントで、
脇役の花としてトップクラスの人気がある。

 

2月4日の花:ツバキ(椿)

花言葉:完全な愛

 

英名だとカメリア。

 

冬~春に花を咲かせる常緑樹。

 

花は光沢があり、
固い葉にポッテリとした感じで咲く。

 

花の色は赤や白。

 

19世紀のヨーロッパで、
一大ブームとなった事もあり、
椿姫という文豪デュマの小説は、
世界的に有名。

 

2月5日の花:カンガルーポー

花言葉:不思議

 

先が6つに割れた筒状の花を咲かせる。

 

この花の形が、
カンガルーの前足に似ているのが、
鼻にこの名前が付いた理由。

 

かつては、
オーストラリアの南西部の身に自生していた。

 

現在は、
赤、黄色、緑色、ピンク、オレンジなど、
様々な花色の物が売られているのを、
あちこちで見かける。

 

ユニークな花形は、
鉢植えだけでなく切り花としても人気。

 

2月6日の花:エリカ

花言葉:謙遜

 

早春になると、
枝いっぱいの白やピンクの小花を付ける。

 

日本だと、
暖地でも庭植えが可能な、
ジャノメエリカがもっともなじみ深い。

 

一度増えると手が掛らなくなるけど、
上にどんどん伸びていくので、
コンパクトにしたい場合は切る必要がある。

 

2月7日の花:パンジー(アプリコット)

花言葉:楽しい気分

 

花色が豊富な事で有名なパンジー。

 

その中でもアプリコットは、
優しげな淡い色のグラディエーションで、
人気が高い。

 

苗は秋に出回るけど、
植えると張るまで繰り返し花を楽しめる。

スポンサードリンク


2月の関連記事
おすすめの記事