1月22日スノードロップ

花言葉:恋の最初のまなざし

 

別名マツユキソウ(待雪草)。

 

雪が溶けない早春に、
見かけるようになります。

 

名前から雪のしずくと解釈されますが、
実際は中世期のヨーロッパの女性が付けていた、
耳飾りの形が語源。

 

聖母マリアの花として、
好まれています。

1月23日セツブンソウ(節分草)

花言葉:光輝

 

名前の通り、
節分の頃に咲く白い花。

 

主に関東~西日本の産地で、
自生しているため、
この辺りに住んでいる方は、
見かけた事のある場合も多いかもしれません。

1月24日シラー

花言葉:多感な心

 

シラーの元首は100種あります。

 

このため、
見た目にも色々とあるのですが、
もっとも一般的なのは釣鐘型の花です。

 

あとは、
星型の小さな花を咲かせるタイプですね。

 

秋に球根を植えると、
春には花を楽しめますよ。

1月25日チューリップのアンジェリケ

花言葉:魅惑

 

アンジェリケというチューリップは、
一般的に知られている、
チューリップとは花の形が違います。

 

ふんわりとした花で、
淡いベールの掛ったような感じですよ。

1月26日オーブリエチア

花言葉:つつましやかな物腰

 

初春~春に花を咲かせます。

 

ヨーロッパでは、
街中で見かけることが多いのですが、
日本ではマイナーな花かもしれません。

1月27日シロタエギク(白妙菊)

花言葉:アナタを支えます

 

初夏から黄色い花を咲かせます。

 

花は夏に咲かせるのですが、
以外にも寒さに強いため、
冬の花壇でも見かけることがあります。

1月28日:白のビオラ

花言葉:誠実

 

秋~春の花壇で、
パンジーと並んで人気のビオラ。

 

小さめのブーケ作りにも、
よく使われる。

 

ビオラには、
紫、ピンク、黄色など、
色々な色がある。

 

でも特に白い色は、
他の色と合わせやすく、
人気の高い花といえる。

 

1月29日:チューベローズ

花言葉:危険な楽しみ

 

月光香(ゲッコウカ)の別名を持つ、
甘く優雅な香りを持った植物。

 

香水にも使われており、
ホワイトフローラル調に仕上げるときには、
欠かせない素材とされている。

 

花は夏~秋に、
長い茎に乳白色の花を2列咲かせる。

 

1月30日:ツルバギア

花言葉:小さな背信

 

茎を折ると、
少しニンニク臭がする植物。

 

春~秋にかけて花を咲かせる。

 

長く細い茎の先に、
薄紫やピンク色の花が咲き、
アレンジメントでもよくつかわれる。

 

香りが強い種類に、
ツルバギア・フレグランスがある。

 

こちらの開花は、
晩秋~春ごろ。

 

1月31日:オンシジウム

花言葉:印象的な瞳

 

洋ラン切り花の中で、
安定した人気を誇る植物。

 

群雀蘭(ムレスズメラン)の別名があり、
小鳥や蝶が群れで踊っているかのような、
見た目をしている。

 

特に一般的なのは、
黄色で放つ気の良い薄葉系。

スポンサードリンク


おすすめの記事