ドローンは、
社会に広く普及しています。

ドローン

 

このため多くの方が、
ドローンの操作に興味を、
お持ちのようですね。

 

最近では、
スマートフォンのパーツの転用などで、
ドローンが5000円ほどで売られています。

 

業務用のドローンですら、
20万円以下

 

ドローンは、
これから価格がドンドン下がっていき、
更に身近な物となることでしょう。

 

今回は、
そんなドローン操作勉強方法について、
リサーチをしてみました。

スポンサードリンク

ドローン操作の勉強方法

ドローンは、
元々は軍事目的で発明されました。

 

ですがその役目は、
農薬散布に使われるなどされるようになり、
最近では配達への利用も考えられています。

 

また、
個人的なドローンの楽しみ方としては、
高画質なカメラを積んで、
上空からの映像を撮影するなどがありますよね。

 

そんな活躍の幅を広げるドローンですが、
操作はどのように学べば良いのでしょうか?

 

ドローンの講習会で操作方法を学ぶ

操作方法

ドローン操作は、
講習会が開かれています。

 

講習会で学ぶメリットは、
航空法などの知識を学べる事です。

 

ドローンを飛ばして良い場所を見つけるのは、
無駄に難しく書かれた法律の文章が関わってくるので
なかなか大変な事です。

 

また、
正しい基本的な操作方法を、
学ぶこともできます。

 

あと講習に参加することで、
ドローン仲間ができることも、
重要なメリットと言えるでしょう。

 

無駄に難しい法律の文章を、
相談して解き明かし、
ドローンを飛ばせる場所を見つけるなどできます。

 

講習会のデメリット

講習会のデメリットとして、
とにかくお金がかかることが挙げられます。

 

数日の合宿であれば、
20万円という場合もざら。

 

1日の研修でも、
5万円を超える場合もほとんどです。

スポンサードリンク

独学で学ぶ

独学で、
ドローン操作を勉強をするメリットは、
なんといってもかかるお金が、
少なくて済むことでしょう。

 

本を買うなどして、
勉強をすることになります。

 

多くの方は独学の勉強で、
ドローンに慣れる事から始めるハズです。

 

操作に慣れてきたら、
講習会やスクールに行くという形が、
一般的なのではないでしょうか?

 

200g未満のドローンなら、
航空法に該当しない機種です。

 

だいたい、
1万円前後で売られているので、
独学の場合はこのようなドローンから、
操作の勉強を始めると良いでしょう。

 

スクールに通ってドローン操作を学ぶ

勉強

ドローン操作を学べる、
スクールがあります。

 

費用は35万円と高額。

 

さらには、
別途にドローン本機も必要と、
かなりのお金が必要です。

 

スクールに通うと、
座学が4日ほどで、
実習が2日ほどです。

 

認定資格は、
一般社団法人、
日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)
という団体が出しています

 

知り合いに教えてもらってドローン操作を学ぶ

知り合いに教えてもらう場合は、
自己流の操作方法が、
混ざってくることを覚悟しましょう。

 

ですが、
自力で勉強を始めるよりもは、
ずっと成長しやすいので、
近くにドローンの先輩がいたら、
頼んでみるのも手ではないでしょうか?

 

ドローン操作は航空法に気を付けよう

ドローン

ドローン操作を勉強する場合、
必ずドローンを飛ばす必要がありますよね。

 

このとき、
航空法に気をつけましょう。

 

重量200g以上のドローンには、
様々な制約がつきます。

 

  • 住宅が多い人口集中地区、
  • 目視外飛行
  • 人や物の30m以内の飛行
  • 夜間の飛行
  • 空港近くの飛行

 

こういった飛行は違反となりますよ。

 

ですが、
国土交通省に飛行申請を出して、
承認を得られれば飛ばせます。

 

かなり難しいと思いますが。

 

終わりに

今回は、
ドローン操作の勉強方法について、
リサーチをしてみました。

 

河原などで見かけるようになった、
ドローン操作をする人の姿。

 

これから、
河原でドローンを操縦する人が、
増えていきそうですね。

スポンサードリンク


おすすめの記事