食べこぼしマットは、
床を汚れから守るのに、
とても役立ちます。

 

床に落ちた場合よりも、
マットの上に落ちた場合の方が、
洗うのが楽ですからね。

 

水場に持って行って、
そこで丸洗い出来ます。

 

また、
使い捨ての食べこぼしマットもあるので、
洗うのが面倒な場合は、
そちらを選ぶのも手と言えます。

 

今回は、
食べこぼしマットに関する記事です。

スポンサードリンク

食べこぼしマットを床に

食べこぼしマットを床に敷くことで、
落とした食べ物をマットが受け止めます。

 

食べこぼしマットというのは、
洗いやすい素材であるため、
床に落ちた場合よりも、
洗うのが楽だという特徴があります。

 

この食べこぼしマットですが、
実は新聞なんかでも、
十分に役立ってくれます。

 

新聞の場合は、
もちろん使い捨てになりますが。

 

新聞を使った倍、
水分の多い食べ物は辛いですが、
固形物であれば問題はありません。

 

食べこぼしマットを100均で

食べこぼしマットは100均でも、
販売されています。

 

新聞などではなく、
購入する場合には、
水分を受け止められるか、
確認したいところです。

 

それとサイズにも注意をしましょう。

 

食べこぼしマットは、
広い物が良い!

 

と思いがちですが、
大きい物だと洗う時少し大変になります。

 

食べこぼしマットの使い捨てについて

食べこぼしマットには、
使い捨てのものも多くあります。

 

先に述べたように、
新聞紙も使い捨てマットとして、
役に立ってくれます。

 

また、
ペットシートも役立ちます。

 

物にもよりますが、
ペットシートであれば、
1枚につき4円~という感じです。

 

水分をしっかりと受け止めるものも多いので、
食べこぼしマットの使い捨て版を探すの出れば、
ペットシーツを選んでも良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク

エプロンという手も

食べこぼしマットではなく、
食べこぼしエプロンを使うという手もあります。

 

食べこぼしエプロンは、
こぼした食べ物を受け取るポケットが、
着いている物を選びましょう。

 

もちろん素材は、
汁物もしっかりと受け取れる物を。

 

また、
大人の方の為に用意するのであれば、
デザインにも注意をする必要があります。

 

食べこぼしエプロンの多くが、
かなりセンスが低いのが現状です。

 

自尊心を傷つけかねない物も多いので、
大人の方に食べこぼしエプロンを、
用意するのであれば、
デザインへの配慮も必要となります。

 

終わりに

食べこぼし対策として、
マットは有効な手段です。

 

洗って使える物と、
使い捨ての物とがありますが、
どちらを選ぶかは好み次第と、
言えるのではないでしょうか?

 

また、
マット以外にもエプロンのように、
食べこぼし対策になるアイテムも、
多くあります。

 

そういったアイテムに、
どのような物があるのかを知っておくことも、
食べこぼし対策を考える上で大切になります。

 

とは言っても選択肢が多すぎても、
迷って結局は決められないということもあるのですが。

スポンサードリンク


おすすめの記事