夜泣きは、
根本的な原因が分かっておりません。

 

ですが、
夜泣きの症状を和らげる方法は、
いくつか経験則から考えられています。

スポンサードリンク

夜泣きは理由がない事もある

夜泣きは、
生後半年後~1歳半ぐらいまでの、
赤ちゃんに見られる、
夜間の理由の分からない泣き。

 

このように、
育児書などでは書かれています。

 

昼間は元気にしていて、
寝る前までは機嫌が悪くない。

 

でも夜中になったら、
急に泣きだしてしまい、
何をやっても泣きやまない。

 

夜泣きをすると、
このような状態になります。

 

夜泣きは個人差がある

夜泣きには個人差があります。

 

全く夜泣きをしない子もいれば、
激しい夜泣きをする子も──。

 

この個人差が、
「うちの子、他の子と違うんじゃ?」
と、いう不安の原因となる事も。

 

ですが、
個人差であることがほとんどなので、
安心しても大丈夫です。

 

ただし、
激しい夜泣きが続く場合など、
おかしな状況が続く場合は、
医師に相談した方がいいですよ。

スポンサードリンク

夜泣きしたときどうする?

赤ちゃんが夜泣きをしたとき、
そのうち治まると、
肩の力を抜くことが大切です。

 

夜泣きの原因は分かっておりません。

 

ですが早寝早起きをさせ、
暇にはよく遊ばせて疲れさせ、
生活リズムを整える。

 

これを行っていれば、
夜泣きが出る可能性は下がります。

 

基本的な夜泣き対策

夜泣きは原因がハッキリしていないので、
確かな対策は存在しません。

 

ですが、
経験則でコレが効くんじゃない?

 

このような物は、
いくつか提案されています。

 

例えば、
抱っこをした安心させる。
穏やかな音楽を聞かせる。
車でドライブをする。

 

などです。

 

他にもコチラのサイトで、
いくつかの方法が書かれていました。

 

夜泣きSOS!赤ちゃんを育てるママさん知っていますか?

 

終わりに

赤ちゃんの夜泣きは、
原因が判明しておりません。

 

ですが経験則で、
対策が考案されております。

 

いずれの方法も、
絶対に夜泣きが、
治まるというものではありません。

 

しかし、
夜泣きに悩まされる場合は、
そういった方法を調べて、
実践してみるのも良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク


おすすめの記事