お歳暮の贈り物の定番であるハム

ハム

 

万人受けする。
賞味期限が長い。
高級なイメージがある。
袋から出せばすぐ食べられる。

 

こういった理由から、
贈り物として人気が高いですよね。

 

ですが人気が高すぎて、
多くの方が贈ってくれた結果、
大量のハムが手元に──。

 

今回は、
お歳暮のハムの食べ方を、
リサーチしてみました。

スポンサードリンク

お歳暮のハムのオススメな食べ方

お歳暮のハムは、
大量に手元に集まることがあります。

 

このようなとき、
切ってそのまま食べるだけでは、
飽きてしまいますよね。

 

では、
どんな食べ方があるのかというと──。

 

お歳暮のハムのオススメな食べ方
  • 基本的な食べ方
     ○切ってそのまま食べる
     ○切って焼いて食べる
  • ハムステーキ
     ○厚めに切って食べる
     ○ステーキソースなどで食べると良い
  • ハムカツ
     ○自分で作れば厚さを調整できる
     ○上げた手を食べられる
  • マリネ
     ○さっぱりしている
     ○少し日持ちする
  • ポトフ
     ○意外とハムも合う
  • おでん
     ○ハムがダシになっておいしい

 

自家製ハムの作り方

お歳暮

お歳暮のハムの食べ方とは違いますが、
チョット気になった情報で、
自家製ハムというのがあります。

 

作り方を見つけたので、
掲載しておきます。

 

 

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」。

 

今日は自家製ハムを作ります。

 

少々時間はかかりますが、手順自体は難しくありません。

 

すでにカットされた状態で買うことの多い市販のロースハムとは違い、しっとりジューシーで、肉本来の旨みや食感を味わえます。
ぜひ作ってみてくださいね。

 

 

 

【材料】
・豚肩ロース:1キロ
・タコ糸
・水:2000g
・塩:140g
・グラニュー糖:60g
・玉ねぎ:2個
・人参:1本
・セロリ:1本
・にんにく:2かけ
・ハーブ類(ローリエ:2枚、タイム:5本、ローズマリー:3本)
・スパイス類(クローブ:2個、胡椒:40粒)

 

 

 

【作り方】
1.フォークなどで豚肩ロースに穴を開けておく。(味がしみやすくなります)
2.1をタコ糸で肉を縛る。(型崩れしないようになります)
3.味付けするための「ソミュール液」を作る。まず、玉ねぎ、人参、セロリ、にんにくを適度な大きさに切り揃えておく。
4.水、塩、グラニュー糖を入れた鍋に3を入れ、ハーブ類、スパイス類も全て入れる。
5.4がしっかりと沸いたら火を止め、氷水で冷やす。
6.そのまま5に豚肉を入れ、12時間以上冷蔵庫で寝かせる。
7.鍋から具材を取り除き、肉が隠れるくらいまで水を入れ、ソミュール液は1リットル程度にする。
8.75度にキープしながら1時間〜1時間30分火を通す。
9.竹串を中心に刺して赤い血が出て来なくなり、透明になっていたら、火から外し冷ます。
10.12時間ほど冷蔵庫で寝かせ、タコ糸をほどいたら完成。

 出典:youtube

スポンサードリンク

ハムの豆知識

ここでは少し気になる、
ハムの豆知識をお伝えします。

 

賞味期限について

食べ方

消費期限が過ぎた物はダメだけど、
賞味期限が過ぎた物なら、
1週間ほど大丈夫な場合が多い。

 

また開封済みの場合は、
消費期限に関わらず、
早めに食べる必要がある。

 

ハムの薄切り方法

ハムの薄切り方法は、
最初にハムの表面を、
キッチンペーパーで、
丁寧に拭きとることから始めます。

 

表面を拭くことで、
脂分や水分が無くなります。

 

吹いたら、
スライサーで切れば、
薄切りのハムが完成しますよ。

 

ハムの保存方法

お歳暮

封を空けた場合、
ハムも他の食材と同様に、
劣化が開始します。

 

ですから封を空けた場合は、
早めに食べる必要があります。

 

ですが、
食べきれないときもありますよね。

 

翌日に食べるという場合は、
ハムの切り口にラップを巻いて、
ゴムなどで固定後に、
冷蔵庫に入れましょう。

 

翌日に食べない場合

翌日に食べない場合は、
冷凍庫保存になります。

 

まず、
ハムを一回食べる分ずつに、
小分けします。

 

次にそれぞれを、
空気に触れないように、
ラップなどに包みまyそう。

 

これらを、
冷凍庫に保存します。

 

冷凍したハムの扱い

食べ方

冷凍したハムは、
もうそのままでは食べられません。

 

冷凍したまま
焼いたりスープに入れたり、
するようにしましょう。

 

ハムの紐について

お歳暮のハムというのは、
がついていますよね。

 

この紐は、
流水の中に入れて、
塩抜きをする工程で、
使われるものです。

 

ハムの形が崩れないように
使われています。

 

では、
なぜこの紐が残されるのかというと、
高級っぽさが出るからだそうです。

 

すなわち見た目の為に、
紐は残るのだそうです。

 

終わりに

今回は、
お歳暮のハムの食べ方について、
お伝えしました。

 

おすすめの食べ方は、
ハムステーキです。

 

かけるソースを変えるだけで、
色々な味を楽しめますし、
作るのも楽です。

 

他にも色々な食べ方があるので、
ネットで探すのも面白いかもしれませんよ。

スポンサードリンク


おすすめの記事