緑内障は視野が狭くなっていき、
最終的には失明もある病気。   困ったことに自覚しづらい病気でもある。   でも、
もし気づけて病院に行ったら、
どんな検査や手術をするのだろう?   今回のリサーチでは、
緑内障について病院で行うことをまとめた。   緑内障は、
早めの検査が大切だよ

スポンサードリンク

緑内障の検査

病院に行ったら、
目に何が起こっているのか、
検査が行われる。   その検査内容は? と、
いうと……  

緑内障の検査
  • 視野検査 ○どの位の範囲の物が見えるか調べる ○緑内障の進行具合を確認可能
  • 眼圧検査 ○緑内障の原因である眼圧を調べる ○病院ごとに調べる手段は違う
  • 隅角検査 ○コンタクトレンズを装着して隅角の状態を確認 ○なぜ眼圧が高くなったかを調べる
  • 眼底検査 ○視神経の障害がどの程度か調べる

  こららの検査を経て、
どんな治療を行うかを決める。  

緑内障の手術について

緑内障の検査結果によっては、
手術を勧められることもある。 beautiful-2315_640 緑内障治療の基本は目薬。   でも症状が重い場合、
手術をすることもあるんだ。   緑内障の手術方法には、
代表的なものが2種類ある。  

代表的な緑内障手術
  • トラベクロトミー ○線維柱帯を切開する手術方法 →房水の出を改善するのが目的 房水:目の中の液体 ○使われることが多い手術方法 ○利点:感染症になりにくい :再発しても再手術や別の手術が可能 ○欠点:持続性が低く再発の可能性がある
  • トラベクレクトミー ○房水が排出されやすくなる ○利点:眼圧を大きく下げられる可能性がある ○欠点:感染症になるリスクがある

  2つの手術方法は名前がそっくりだけど、
よくみると微妙に名前が違う。   名前の違い

  • トラベクトミー
  • トラベクレクトミー

  トラベクロトミーもトラベクレクトミーも、
健康保険が適用されるよ。   だから6万円前後で、
手術を受けることが可能。

スポンサードリンク

緑内障に目薬

病院に行って手術は必要ないと診断された!   その場合には、
目薬での治療が行われうrことが多い。  

緑内障への目薬の効果

waves-circles-285359_640 緑内障の治療には、
目薬が使われることが多い。   でも目指すのは完治ではなく改善。   なぜなら緑内障は、
完治することがないと言われているから。   このため、
ずっと目薬は使い続けることになる。  

緑内障の目薬は普通の成分じゃない!

緑内障の治療で使用される目薬には、
特殊な成分が使われている。  

緑内障の目薬の成分例
  • β遮断薬 ○緑内障の目薬で含まれることの多い成分 ○房水の分泌を抑制することで眼圧を低下させる
  • 炭酸脱水酵素阻害薬
  • 副交感神経作動薬
  • プロスタグランジン関連薬

  緑内障治療で使用される目薬には、
副作用があるから容量用法は、
医師の指示に従って厳守する必よがある。  

まとめ

今回のリサーチでは、
緑内障の検査や手術など、
病院で行われることをまとめた。   緑内障は自覚症状が薄いので、
定期的な健診を行わないと、
早期の発見は難しいとも言われている。   緑内障は40代以降になると、
なる人が多い。   だから40代に入ったら、
他の病気の検査も兼ねて、
定期的な検査を行うのも良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事