六義園の紅葉で、
外せないのがライトアップ

紅葉

 

少し暗い園内の紅葉に、
照明があてられたとき、
キラキラと光を反す池面

 

このコントラストが、
幻想的です。

 

今回は、
紅葉の季節の六義園のライトアップと、
見ごろについてお伝えします。

スポンサードリンク

六義園(りくぎえん)とは?

六義園は東京都内の庭園で、
春のしだれ桜が有名です。

 

また紅葉の美しさも有名で、
この時期になると、
人気デートコースになります。

 

六義園のしだれ桜の動画

 

ライトアップされた六義園の紅葉動画

六義園の紅葉の見頃はいつ?

六義園

六義園の紅葉は、
例年であれば11月中旬から、
色づき始めます。

 

そして見頃となるのは、
11月下旬~12月上旬です。

 

12月10日頃になると、
落葉が増え始めますよ。

 

ですから、
色づいた風景を楽しむのなら、
11月下旬がオススメ。

 

落ち葉の絨毯を楽しむのなら、
12月上旬がオススメ。

 

と、このように言えます。

 

ピーク時期は毎年違う

六義園の紅葉のピークは、
例年通りであれば、
11月下旬~12月上旬です。

 

ですが、
天候によってピークの時期は、
大きく変わってきますから、
行楽情報のチェックは必須ですよ。

 

六義園の紅葉のライトアップについて

ライトアップ

六義園で、
紅葉が見頃となる時期には、
ライトアップが行われます。

 

ライトアップが行われる時間は、
9時~21時

 

ですが最終入園時間は、
20時30分ですから、
注意をしましょう。

 

ライトアップは、
11月18日~12月6日に、
2017年であれば行われますよ。

 

ライトアップ時の入場について

六義園で、
紅葉がライトアップされている時間帯。

 

六義園というのは通常は、
正門からだけ入場可能です。

 

しかし六義園で、
紅葉がライトアップされている時期は。
駒込駅に近い染井門からも入園できます。

 

三脚での撮影も可能

六義園では、
三脚を使っての撮影が、
許可されています。

 

ですが混雑しやすい、
中の島、大泉水の近くは、
三脚の使用が制限されることが、
ありますから気をつけましょう。

 

六義園の紅葉の見どころ?

六義園

六義園は、
回遊式築山泉水庭園という様式。

 

大きな池を中心に、
その周りに草木があったり、
遊歩道が設置されていたりします。

 

このような形であるため、
散策しながら庭を楽しめます。

 

飲食店について

六義園で、
紅葉のライトアップが始まる時期は、
園内の飲食店の営業時間が、
延長されますよ。

 

六義園の紅葉の動画

 

六義園で特に紅葉が美しい場所は?

六義園で、
特にもみじが美しいとされるのは──。

 

  • 渡月橋周辺
  • 藤代峠周辺
  • つつじ茶屋周辺

 

とりあえず、
この3ヶ所は押さえておきましょう。

 

六義園のライトアップ時の混雑を避ける方法は?

六義園

六義園のライトアップは、
休日も平日も関係なしに、
行われます。

 

ですから平日であっても、
会社帰りの人が多く訪れるので、
帰宅時間になるとわりと混みます。

 

そして土日になると、
入園チケットを購入するために、
60分ほど待つ必要があります。

 

もし六義園のライトアップを楽しみたいのなら

土日でも平日でも、
六義園に行くのであれば、
16時前には入園しておくとよいでしょう。

 

そして、
六義園でライトアップを、
少し楽しんだら早めに帰ると、
大きな混雑に巻き込まれずに済みます。

 

公共交通機関について

六義園の周辺には、
駐車場が存在しません。

 

ですから公共交通機関を使って、
六義園へは行くことをお勧めします。

 

六義園に行くには?
  • JR
     ○山手線:駒込駅で下車→北口から徒歩7分
  • 東京メトロ
     ○南北線:駒込駅で下車→2番出口から徒歩7分
  • 都営地下鉄
     ○三田線:千石駅で下車→A4出口から徒歩10分

 

どのルートであっても、
案内標識などがありますよ。

 

終わりに

今回は、
六義園の紅葉についてお伝えしました。

 

紅葉のライトアップというのは、
幻想的な雰囲気が出ますよね。

 

そんな風景を、
じっくりと眺めていたいところですが、
混雑しているとそういうわけにはいきません。

 

ですから、
混雑に巻き込まれるのを避ける工夫を、
しっかりと行いたいところですよね。

スポンサードリンク


おすすめの記事