クリスマスリースを、
手作りする方も多いですよね。

クリスマスリース

 

このクリスマスリースは、
色々な作り方があり、
中にはとても簡単な方法も。

 

簡単に、
クリスマスリースを作れるのなら、
子供と一緒に作れるので、
良いスキンシップになると思います。

 

ぜひ今回お伝えする、
クリスマスリースの簡単な作り方に、
ぜひ挑戦してみましょう。

スポンサードリンク

クリスマスリースの簡単な作り方

ご紹介するのは、
簡単なクリスマスリースの作り方なので、
特別に凝っている物は作れません。

 

ですが、
初めてクリスマスリース作りに、
挑戦するという場合であれば、
ピッタリの難易度だと思います。

 

準備する物

今回のクリスマスリース作りで、
用意する物というのは、
家庭で発見できる物ばかりです。

 

それらの道具を並べると──。

 

準備する物
  • 新聞紙
  • セロテープ
  • リボンやクリスマスツリーの飾り
  • モール(キラキラした飾りのこと)

 

家になくても、
100円均一で売られていますよ。

 

 

クリスマスリースは、
折り紙で作る方もいらっしゃいます。

 

とうぜん、
手作りのクリスマスリースなので、
ご紹介しておきます。

 

子供と上手に分担して作ると、
それほど時間はかからないですよ。

スポンサードリンク

クリスマスリースの由来は?

クリスマスリースは、
古代ローマ発祥とされています。

 

  • リースの輪=永遠
  • 蝋燭=太陽

 

このような意味を持っており、
クリスマスリースその物は、
永遠に続く神の愛を、
表しているそうです。

 

本格的なリースの場合は、
モミの木や柊、赤い実を使います。

クリスマスリース

 

これらの材料は、
イエス・キリストが被った茨の冠に、
関係しており──。

 

  • 柊の葉=受難
  • 赤い実=流した血

 

このような意味があります。

 

終わりに

今回は、
子供でもクリスマスリースを、
作れる方法をお伝えしました。

 

作れるのは、
シンプルなクリスマスリースですが、
自分で作った物というのは、
輝いて見えるものです。

 

子供とのコミュニケーションにもなりますし、
クリスマスリースを一緒に作ってみるのも、
面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク


おすすめの記事