柿につくヘタ虫は、
葉をかじったり実を落としたりする、
憎いやつですよね。

 

何も対策を行わないと、
柿が食べられたりして、
実がダメになってしまいます。

スポンサードリンク

柿の木の害虫について

柿

は様々な害虫によって、
台無しにされます。

 

代表的な害虫として、
イラガやヘタムシという名前の、
蛾の幼虫が挙げられます。

 

イラガについて

イラガの発生時期は地域による違いがありますが、
5月下旬に卵を柿に上付けられることが多いようです。

 

そして、
柿の葉が食べられる時期というのが7月

 

さらに7月に羽化したイラガが、
柿に8月上旬に産卵してしまいます。

 

その結果、
この卵からまたイラガが発生して、
10月までイラガを見かけることになります。

 

幼虫は痛い

イラガの幼虫はデンキムシと呼ばれており、
その体毛によって激しい痛みを経験させられます。

 

もし刺されたら、
流水で患部を流して、
毒と棘を早めに洗い流しましょう。

 

ヘタ虫(カキノヘタムシガ)について

ヘタ虫

柿のヘタを残して、
実が落ちてしまった!

 

この原因は、
ヘタ虫と呼ばれる虫が、
原因かもしれません。

 

本当の名前はカキミガというのですが、
カキノヘタムシガと呼ぶ方もいらっしゃいます。

 

ヘタ虫(幼虫)は、
ヘタの隙間から柿の実の内部に入ります。

 

そして実を食べてしまいます。

 

この被害は、
6月~9月に発生します。

スポンサードリンク

イラガとヘタ虫の駆除方法

イラガやヘタ虫の駆除方法には、
薬剤防除と耕種的防除の2つがあります。

 

イラガの駆除

イラガは、
殺虫スプレーをつかって駆除をします。

 

BT剤やピレスロイド系の、
殺虫スプレーを使いましょう。

 

殺虫スプレーを使うと、
イラガが落ちてくきて刺されることもあるので、
注意をしましょうね。

 

ヘタムシの駆除

駆除

ヘタムシが発生すると、
柿の実の中に入ってしまい、
駆除が難しくなります。

 

ですから、
事前の対策が大切になります。

 

薬剤を使って防除をするのであれば、
散布タイプを使います。

 

毒素の主成分が蝶や蛾に影響のある菌で、
人間には無害な、
生物農薬のBT剤を使用するのが良いとされています。

 

ヘタ虫が発生する前に、
散布をしましょう。

 

防除は、
芽を食害しはじめた時期に1回目を行います。

耕種的防除

ヘタ虫が蛹になる前の10月。

 

幹、むしろに段ボールや、
藁縄を巻きつけましょう。

 

そこに誘引して、
冬に外して燃やし尽くします。

 

別の方法として、
産卵の終わる冬になったら、
荒皮を剥いて樹皮に植え付けられた、
卵を削り落すという方法もありますよ。

 

終わりに

などと説明をしましたが、
JA等の指導機関に相談しないと、
実践は難しいんじゃないかなーと思います。

 

なるべく、
指導期間に相談してから実践をしましょう。

スポンサードリンク


おすすめの記事