サンドイッチを、
夏のお弁当にするのなら、
冷凍にするという手もあります。

 

このとき、
注意する点もあるのですが、
なかなか役に立ちますよ。

スポンサードリンク

サンドイッチの冷凍保存で気をつけること

サンドイッチ弁当

サンドイッチの、
冷凍保存をするのなら、
注意するべき点があります。

 

挟む具材は、
水分が少ない物にする。

 

茹で卵やジャガイモは、
すかすかになるので避ける。

 

パンの内側には、
水分を吸わせないために、
バターやマーガリンを塗る。

 

これらの点には、
注意をするようにしましょう。

 

サンドイッチ弁当を冷凍する方法

サンドイッチ弁当を、
冷凍する場合は、
以下の手順で行いましょう。

 

サンドイッチを手軽な大きさに切る
  1. 1つずつラップで包む
  2. ジップロックなどに入れる
  3. 冷凍する

 

この4段階で、
サンドイッチの冷凍は可能です。

 

冷凍したサンドイッチを食べられる期間

冷凍したサンドイッチは、
冷凍庫の性能が高ければ、
3ヶ月近くもちます。

 

ですが、
味は間違いなく落ちてしまうので、
1~2週間ほどで食べた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

冷凍サンドイッチ弁当を食べるには?

冷凍したサンドイッチは、
解凍する必要があります。

 

だいたい、
冷凍庫からだ足てから、
4~5時間ほどで解凍できますよ。

 

冷凍サンドイッチ向けの食材

サンドイッチ弁当

冷凍サンドイッチ向けの食材は、
ズバリ水分の少ない食べ物

 

ジャム、ピーナッツバターなどの、
甘めのもの。

 

とりはむドライカレーに、
ツナチーズなんかを、
冷凍サンドイッチに使えます。

 

和風では、
きんぴらあんこなんかも、
使えますよ。

 

水分の多い野菜をどうしても使いたいのなら

水分の多い野菜を、
どうしても冷凍サンドイッチ弁当に、
使いたいのなら。

 

チョットした裏技があります。

 

その裏技というのは、
野菜をとにかく細かく切って
その後、水を絞り出してから、
サンドイッチの具材にすることです。

 

終わりに

サンドイッチは、
冷凍に出来ます。

 

ですが具材に気をつけないと、
まずいお弁当を食べることに……。

 

具材選びには気をつけましょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事