赤ちゃんの歯を虫歯から守るのなら、
虫歯菌対策は必須です。

 

この虫歯菌なのですが、
親から感染する場合がほとんど。

 

ですから、
親から感染しないように注意をすれば、
虫歯菌被害はかなり抑えられます。

スポンサードリンク

親からの虫歯菌感染を減らすために

赤ちゃんは、
生まれたばかりの頃であれば、
虫歯菌には感染していません。

虫歯菌対策

 

ですが、
生まれてからしばらく経つと、
虫歯菌に感染してしまいます。

 

その原因は色々とありますが、
親から虫歯菌が感染するパターンが、
もっとも多いとされています。

 

赤ちゃんの虫歯菌感染に気をつける時期

赤ちゃんに虫歯菌を、
感染させたくない!

 

このように願ったとしても、
それはかなり難しいのが現実です。

 

なぜなら、
保育園や幼稚園に行けば、
そこで他の生徒から、
虫歯菌をうつされる可能性が、
高いからです。

 

虫歯菌はこの年齢まで注意をすれば……

ある期間までに虫歯菌に感染しなければ、
その後、虫歯被害が最小限で済む!

 

そんな年齢があるので、
この時期まで注意をすれば、
虫歯菌被害は最小限で抑えられます。

 

その年齢というのは、
2歳7ヶ月

 

この時期まで、
赤ちゃんを虫歯菌から、
遠ざけるようにしましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんを虫歯菌から遠ざけるために

赤ちゃんを虫歯菌から遠ざけるには、
唾液に注意をしましょう。

 

虫歯菌感染は、
唾液を媒介にして行われます。

 

先ほど述べた、
親から虫歯菌感染が多いというのは、
親の唾液が赤ちゃんの口に入る機会が、
多いというのが理由です。

 

  • 固い物を代わりに噛んで食べさせる。
  • 親の使ったスプーンで食事を運んであげる。
  • キスをする。

 

こういった行動により、
赤ちゃんは虫歯菌に感染してしまいます。

 

このような行為を避けるのが、
赤ちゃんを虫歯菌から守る基本となります。

 

もっと積極的に虫歯菌対策を

赤字

赤ちゃんを虫歯菌感染から守るためには、
とにかく大人の唾液を赤ちゃんの口に入れない事が、
大切になってきます。

 

これは大人の口の中には、
虫歯菌が住んでいるからです。

 

この虫歯菌なんですが、
虫歯になっている人の口の中には、
通常よりも多く住んでいるとされています。

 

ですから、
虫歯の人の唾液が赤ちゃんの口に入ると、
通常よりも酷い被害になるという事です。

 

ですから、
虫歯の方は早めに虫歯治療を行いましょう。

 

また、
虫歯菌を減らすヨーグルトや歯磨き粉もあるので、
それらの使用を習慣づけるのも良いかもしれませんよ。

 

最近では、
虫歯菌を減らす歯磨き粉としては、
ブリアンという物が有名になりつつあります。

 

このブリアンという歯磨き粉は、
特別な乳酸菌を使って、
口の中の環境を変える物らしいですね。

 

気にはなるのですが、
チョットお値段が……。

 

終わりに

今回は、
赤ちゃんを虫歯菌から守る
基本をリサーチしてみました。

 

虫歯になると、
本当に辛いですからね。

 

できることなら、
虫歯に悩まされないように、
赤ちゃんを守ってあげたいところです。

 

そのためにも現在虫歯の方は、
早めに虫歯を治療しましょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事