ハロウィンとはくり抜いたカボチャと、
お菓子をもらって歩く子供たち。

 

この2つが印象的ですよね。

ハロウィン

 

では、
そんなハロウィンの由来は?と言うと、
大人への説明は難しくはありません。

 

問題となるのは、
保育園なんかでの、
子供たちへの説明

 

今回はハロウィンの由来について、
保育園で説明する方法をお伝えします。

 

案外難しい、子供たちへの教え方のお話さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ハロウィンとは何?由来について

保育園などで、
子供にハロウィンとは何かを伝える前に、
まずは大人である私たちが、
ハロウィンについて勉強しなければなりません。

 

だって自分が分からない事を、
他人に伝える事は出来ませんから。

 

ハロウィンの由来とは?

現在のハロウィンの原型は、
古代ケルト、古代ローマ、キリスト教。

 

これら3つの文化が、
融合を果たして生まれたとされています。

 

古代ケルト人の秋の収穫の感謝祭が、
始まりとされています。

 

現在は宗教的な意味合いは、
皆無に等しいのですが古代ケルトの頃には、
悪霊と切り離せない宗教的なイベントでした。

 

ハロウィンが行われる10月31日

由来

ハロウィンが行われる10月31日

 

この日は、
古代ケルト暦で一年の終わり

 

この世とあの世の境目が無くなる日であり、
死者の霊が親族を訪れる夜とされていました。

 

なんとなく、
日本のお盆と似ていますよね。

 

ですがこの日は、
悪霊や魔物もこの世に現れる、
怖い日であるともされていました。

 

 

悪霊や魔物が現れると
農作物が荒らされる、魂を奪われる、
子供がさらわれる。

 

こんな災いが、
あるとされていました。

 

そのため悪霊や魔物の災害を防ごうと、
人間は魔物の格好をして、
悪霊や魔物の目を誤魔化しました

 

このことが、
ハロウィンの仮装の始まりです。

 

それから時が過ぎ、
ハロウィンの風習はアメリカに渡ります。

 

アメリカにおいて、
宗教色の強かったハロウィンは、
少し変化することになります。

 

まず、
それまでカブをくりぬいて作っていたランタンは、
アメリカでよくとれるカボチャを使って、
作られるようになります。

 

また、
アメリカにハロウィンが伝えられると、
仮装をした子供たちが、
お菓子をもらいながら家を回ると言う、
風習も生まれる事となります。

スポンサードリンク

トリック・オア・トリートとは?

お菓子をもらう子供たちが口にする、
トリック・オア・トリートとは何のことでしょう?

 

トリック・オア・トリートの始まりは、
1911年

保育園

 

1911年のハロウィンの夜
子供たちが歌を歌って、
お菓子をもらって歩きました。

 

このことが始まりのようです。

 

その後1927年に、
いたずらっ子がトリック・オア・トリートを、
脅し文句としてお菓子をもらって回ったとか。

 

このことは、
当時の新聞にも掲載されています。

 

記事にされた事で、
トリック・オア・トリートが徐々に広まっていきます。

 

そして1952年に、
あるディズニー漫画が発表されます。

 

ドナルドの魔法使いという日本語タイトルの本で、
アメリカ名はTrick or Treat(トリック・オア・トリート)

 

この件により、
世界的にトリック・オア・トリートが、
広まったとされています。

 

ハロウィンになぜお菓子をもらうのか?

ハロウィン

トリック・オア・トリートの始まりは、
ご理解いただけましたよね。

 

ここで疑問がわくかもしれません。

 

その疑問と言うのは、
なぜハロウィンではお菓子をもらうのかと言う物。

 

元々は、
魔物や悪霊に供物を差し出して、
それらを鎮めていました。

 

で、供物を差し出さない家は、
魔物や悪霊が災いを与えると、
されていたそうです。

 

この風習がアメリカに渡った頃、
11月2日(死者の日)に、
キリスト教では魂のケーキをもらいながら、
村を歩いていました。

 

アメリカにハロウィンの風習辿りが着いた頃、
この風習と重なったともされています。

 

保育園でハロウィンについて伝えるのなら?

ハロウィン

保育園でハロウィンについて、
子供たちに教える。

 

このとき注意したいのが、
情報を徹底的に絞るということ。

 

「ハロウィンには、
お化けが出るんだよ。

 

だから、
お化けにイタズラされないように、
同じお化けの格好をして、
仲間だと思わせるんだよ」

 

こんな話にすることになるのでは、
ないのでしょうか?

 

しっかりと子供に伝えたいから

親が子供に伝えるときのような、
軽く触れるだけなら、
上記のような情報を伝えるだけで良いのですが、
保育園ではそういうわけにはいきません。

 

ある程度詳しい情報を、
子供に伝える必要がありますよね。

 

こういうときに役立つのが、
絵本や紙芝居です。

 

やっぱり、
道具があると子供の注意をひけますし、
具体的な絵を見せられるので、
説明が楽なんですよね。

 

ハロウィンについて説明するのであれば、
以下のようなはどうでしょう?

 

その本の名前は、
ハロウィーンってなぁに?

 

ランタン作りやお化け衣装の作り方など、
少し細かな部分にも触れています。

 

ですから、
毎年使える物を本を参考に作って、
本を読むとき横に置いておけば、
子供たちは関心を持ってくれると思いますよ。

 

ちなみに絵本の内容は、
おばあさんが魔女の女の子に、
ハロウィンについて教える形式をとっています。

 

これ以外にも、
ハロウィン関連の絵本は色々と出ています。

 

なんでしたら、
図書館なんかで借りてもいいですよね。

 

終わりに

今回は、
ハロウィンについて保育園で教えるとき、
何を教えれば良いのかをお伝えしました。

 

絵本など、
伝えるための道具があるだけで、
教える難易度は大きく違ってきます。

 

説明の難易度を下げるためにも、
良い絵本と巡り合いたいものですね。

スポンサードリンク


おすすめの記事