カステラのおいしい食べ方には、
どのような方法があるのでしょうか?

 

普通であれば、
切ってそのまま食べるのですが──。

スポンサードリンク

カステラのおいしい食べ方

カステラを食べる時チョットした工夫で、
普段とは違う食感になります。

 

手軽にできる方法としては──

 

カステラを焼く

カステラは焼き菓子ですが、
更に焼く事で新たな世界の扉を開きます。

 

  1. 食べやすい大きさに切る
  2. 軽く焦げ目を付ける

 

この手順で焼くと、
表面はサックリ、でも中のしっとり感はUP。

 

なんとなく、
フレンチトーストを連想する甘さに、
変化をしますよ。

 

カステラを凍らせる

カステラを凍らせると、
これまた新しい世界への扉を開いてくれます。

 

  1. 冷凍庫に一晩入れる

 

これだけで、
カステラにモチモチ感が生じて、
新しい食感となります。

 

ちなみに、
凍らせてもカチコチになることはないので、
凍らせ過ぎの心配はありません。

 

ラム酒を振りかける

カステラに、
軽くラム酒を振りかけます。

 

これだけで、
ラム酒の風味がカステラの甘さを引き締め、
なおかつしっとり感もアップ。

 

少し大人の食べ物になりますよ。

スポンサードリンク

カステラに合う飲み物は?

カステラの食べ方として、
カステラに手を加えるよりも楽なのが、
飲み物に注目すること。

 

飲み物次第で、
カステラを食べた時の感じが、
大きく変わりますよ。

 

カステラ+牛乳

カステラのお供として、
最も親しまれているのが牛乳

 

牛乳の卵や砂糖と混ざり、
味を更に引き立ててくれます。

 

カステラ+日本茶

牛乳と並ぶお伴として、
日本茶があります。

 

緑茶はさっぱりとしており、
牛乳とは違うカステラのお供となります。

 

牛乳は、
カステラの良さをひきたてる効果が期待できますが、
緑茶は口の中をさっぱりとさせて、
仕切り直す効果が期待できます。

 

カステラ+紅茶

紅茶の渋みが、
カステラの甘さにあいます。

 

この渋みがポイントなので、
ミルクティーよりもストレートティーの方が、
カステラ向きかもしれません。

 

終わりに

今回は、
カステラの食べ方について、
軽くお伝えしました。

 

他にも色々と食べ方はありますが、
今回ご紹介した方法は、
その中でも簡単に行える方法です。

 

「ちょっとカステラの量が多いかなー」

と、感じたときなんかに試してみて下さいね。

スポンサードリンク


おすすめの記事