夏バテの症状の1つである眠気は、
仕事や勉強で集中したいときに出来なくするので、
厄介ですよね。

 

この夏バテの症状である眠気は、
どのような対策を行えば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

夏バテの症状による眠気の原因は?

夏バテの症状である眠気は、
夜にキチンと睡眠が取れないのが、
一番の原因であるとされています。

 

人間は、
体温が徐々に下がっていくことで、
眠りやすい状態となります。

 

ですが暑い夜は、
体温が下がりにくいので、
寝つきが悪くなってしまいます。

 

またエアコンにより体が冷やされ、
自律神経の機能が低下して、
眠気やだるさが生じることもあります。

 

夏バテの眠気は厄介

夏バテの症状として眠気が出ると、
色々な問題が生じます。

 

日中に活動するためのエネルギーが不足したり、
自立神経が乱れたりします。

 

夏バテの眠気の対処方法は?

夏バテの眠気は、
日頃から対処を行うことで、
症状を抑えられます。

 

いくつか対処方法はあるのですが、
全てを行うのは難しいので、
自分に出来そうな物から優先的に行いましょう。

 

夏バテの眠気の対処方法:睡眠をしっかり

夜の眠りを、
しっかりと摂るのは基本的な、
眠気対策です。

 

6~8時間の睡眠時間は確保し、
ぐっすりと眠りましょう。

 

夜の睡眠のために、
エアコンをお使いの方も多いと思います。

 

外気温と室温との差を5度以内にすると、
自律神経の乱れが少なくて済みますよ。

スポンサードリンク

夏バテの眠気の対処方法:食生活を見直す

夏バテの季節には、
滋養のある食べ物を口にするのが、
大切になります。

 

具体的には、
体を疲れにくくする栄養素である、
ビタミンB1、B2、B6、B12を、
積極的に摂りたいところです。

 

豚肉、レバー、豆製品、サバなどの青魚は、
夏バテに良い事で有名ですよね。

 

夏バテの眠気の対処方法:リンパのあるところを冷やす

日中、
定期的に首などのリンパのある部分を、
冷やすようにしましょう。

 

汗をかくなどして体が冷え始めると、
眠気が襲ってきます。

 

これは人間の体が、
冷え始めると眠くなるように、
出来ているからです。

 

よって体温が高くなり過ぎないように
一定間隔で体を冷やすと、
眠気に襲われにくくなるのです。

 

リンパのある部分というのは、
脇の下・太ももの付け根・首の横などですよ。

 

夏バテの眠気の対処方法:汗

夏バテの眠気対策としても、
水分補給は大切です。

 

少量ずつ、
1時間に1回は飲みましょう。

 

また高温多湿な夏だと、
汗が蒸発しずらくなります。

 

このため熱の発散が出来ず、
体に熱がこもるので、
部屋の湿度に気をつけるなどしましょう。

 

夏バテの眠気の対処方法:運動

運動不足ぎみの方は、
運動をすると良いでしょう。

 

日中ではなく、
早朝などの涼しいうちに、
ウォーキングなどをすると良いですよ。

スポンサードリンク


おすすめの記事