日本の住宅街では、
家が密集しています。

 

ですから、
海外では一般的に行われている、
屋外でのバーベキューも、
日本では事情が違ってきます。

スポンサードリンク

海外と日本のバーベキュー

海外の家というのは、
基本的に庭などが広いです。

 

また、
バーベキューも身内だけでやるのではなく、
近所の人などと行いますし、
オープンな印象があります。

 

それにアメリカなどでは、
外に洗濯ものを干す家庭が少ないなど、
生活習慣の違いがあります。

 

ですから海外と日本とでは、
バーベキューの事情が大きく違う点には、
注意が必要です。

 

このため、
日本でバーベキューを行うのであれば、
海外以上に準備やマナーに、
気をつけなければなりません。

 

バーベキュースペースについて

バーベキュースペースですが、
4人家族であれば、
2.4m×2.4mくらいのスペース。

 

これで、
テーブルや椅子、コンロを置けます。

 

そこにコンクリート平板などを敷いて、
平らにします。

 

最低限の設備であれば、
この程度で出来るのは確かです。

 

しかし近所の家に、
煙による被害を与えないなどの配慮が必要であるため、
実際には隣の家とそれなりの距離がある必要がある。

スポンサードリンク

ご近所トラブルに注意

自宅の庭でバーベキューをする場合、
近所の方とトラブルになることがあるります。

 

バーベキューは、
煙や臭いだけでなく話声なんかが、
以外とすごいんですよね。

 

ですが実際は、
事前にバーベキューをする旨を伝える
夕方になったら終わりにするなど、
少しの配慮でトラブルに発展しない場合が、
多いと言われています。

 

またバーベキューをする時には、
近所の方と行うなどする事で安心して行えます。

 

地域の特性に注意

バーベキューを庭ですることに、
寛容な地域などがあります。

 

ですからお住まいの地域が、
そういった場所かどうかを、
確認することも大切です。

 

無煙コンロを使用してみよう

ご近所トラブルの原因となるのは、
煙と臭いと話し声

 

このうち煙と臭いに関しては、
無煙コンロを使うことで、
周囲への被害を減らせます。

 

バーベキューの実践の仕方にも注意

バーベキューは、
少しの工夫で煙の量なんかが、
大きく変わってきます。

 

例えばバーベキューを行うとき、
肉の脂が炭に落ちないようにするだけで、
煙の量が全く変わってきます。

 

このような、
トラブルの原因となる要素を減らす工夫を、
事前に調べておくことも大切になると思います。

 

そもそも割に合わないかも

庭でバーベキューをするのは、
夢だという方もいらっしゃいます。

 

この夢を叶えるのであれば、
バーベキューに寛容な地域に、
引越すなどする必要があるかもしれません。

 

また日本のように住宅が密集している場合は、
周囲に迷惑を掛けないように設備を、
整える必要もあるでしょう。

 

隣近所の住宅と距離が近いのであれば、
話し声の配慮なども必要となります。

 

もちろん、
事前にバーベキューをする旨を、
事前に伝える配慮も忘れてはいけません。

 

このような点を考えると、
バーベキューを行えるキャンプ場などに、
車などで行った方が良い場合も多いかもしれませんね。

スポンサードリンク


おすすめの記事