日本は国土が狭いと言われていますよね。

 

ですが南北に長いので、
気候や風習に違いがあります。

 

今回、南北で生活環境が違う日本で、
将来住みたい都道府県はどこなのか、
gooランキングで発表がありました。

参照:永住希望!将来住みたい都道府県ランキング

 

1位:東京都(84票)
2位:沖縄県(74票)
3位:北海道(62票)
4位:神奈川県(58票)
5位:京都府(45票)
6位:大阪府(39票)
7位:兵庫県(26票)
7位:福岡県(26票)
9位:千葉県(21票)
10位:静岡県(19票)

スポンサードリンク

住みやすい街とは?

今回発表された、
将来住みたい都道府県ランキング

 

上位に入った都道府県のであっても、
住みやすい街や住みにくい街もありますよね。

 

そこで住みやすい場所かどうかを、
判断するヒントをお伝えしますね。

 

住みやすい街かどうか判断をするポイント
  • コンビニのゴミ箱が店の中にないか
     ○店の外に出ていると家庭内のゴミを持ちこむ人がいる
       →店内ならマナーの悪い人が多いかも
  • コーポやアパートの共用部分が散らかっていないか
     ○集合ポストに投函されたチラシが散らかっているなど
       →自分の空間にしか興味が無い人が多い
  • 近くに空き地や駐車場が無いか
     ○そこに高層マンションが建つかも
  • 街の昼だけでなく夜も確認する
     ○街灯が設置されているかどうかをチェック
  • 休日の街だけでなく平日も確認する
     ○休日と平日で街の様子が豹変する場合もある
       平日猛スピードで車を……という人などが多い可能性も
  • 車を運転して街を回る
     ○細い道などが多いのなら
       →事故防止への取り組みが弱い地域かも
  • 通行許可証のいる道路のチェック
     ○スクールゾーンなどは通行許可証が必要
  • 公演をチェック
     ○公園の張り紙や掲示物をチェック
       →●●はしないで下さいという表記があるのなら
         →マナーを守らない人が多い可能性がある

 

終わりに

今回発表された、
将来住みたい都道府県ランキング

 

このランキング上位の都道府県は、
イメージが良い場所と言えます。

 

ですがこれらの都道府県内にも、
住みやすい街とそうでない街とがあります。

 

ですから引越す前には、
事前に街まで足をのばしてチェックするのを、
忘れないようにしましょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事