妖怪ウォッチと言えば、
小学生くらいの子供であれば、
多くが知っています。

 

それだけに、
発売元であるバンダイでは、
大きな収入源のハズです。

 

ですが、
妖怪ウォッチ売上高が激減したと……。

スポンサードリンク

妖怪ウォッチの売上高が激減!

バンダイナムコホールディングスが、
5月10日に2016年度(17年3月期)決算の発表を行いました。

 

ドラゴンボールやワンピースは、
売り上げが大きく伸びていました。

 

ですが妖怪ウォッチは、
なんと前年度と比べて3分の1にまで、
売り上げが落ちたとか。

スポンサードリンク

色々な売り上げ

バンダイ商品の、
2016年の売り上げをまとめると──

 

  • 機動戦士ガンダム:前年度786億円→743億円
  • 国内トイホビー事業:264億円
  • ドラゴンボール:前年度から1.75倍の611億円
  • ワンピース:前年度から1.3倍の304億円
  • 仮面ライダー:前年度から約1.2倍の223億円
  • 妖怪ウォッチ:前年度329億円→104億円

 

妖怪ウォッチの売上高が激減した理由は?

妖怪ウォッチの売上高が激減した理由として、
ブームが過ぎ去ったというのが挙げられます。

 

また物語に対しても、
方向性を見失っている、ヒロインが微妙など、
色々と言われていますね。

 

更には、
ほとんど性能が変わらないのに、
新しい妖怪ウォッチを販売。

 

そして古い妖怪ウォッチでは、
新しいメダルが使えないという販売方法であったため、
離れて行ってしまったファンも多いようですね。

スポンサードリンク


おすすめの記事