貝毒というのは、
潮干狩りのシーズンになると、
身近に感じますよね。

 

今年も貝毒の注意喚起が、
さっそく行われました。

スポンサードリンク

大阪湾で

最近、
大阪湾でアサリやシジミから、
貝毒が発生したと、
ニュースで発表されました。

 

場合によっては死に至るとされるので、
注意をしたいところです。

 

潮干狩りの貝毒

潮干狩り場では、
安全に考慮している所が、
ほとんどです。

 

安全な持ち帰り用の貝を準備し、
お客さんはソレを持ちかえっています。

 

ですが、
いわゆる隠れスポットで貝を採る人は、
自分で注意をしなければなりません。

 

貝毒は加熱しても毒が残る

貝毒の厄介な所は、
加熱しても毒が残るところです。

 

貝毒の原因となるのは、
二枚貝の餌であるプランクトン

 

一部のプランクトンには、
毒素が含まれています。

 

この毒素が、
貝の中に溜まる事で、
貝毒が発生します。

スポンサードリンク

貝毒が増えるのは?

貝毒の原因となる、
毒性を持ったプランクトン。

 

これが増えるのは、
水温が上昇する4月頃から。

 

ちょうど潮干狩りで、
貝を取る人が増える時期。

 

ですから潮干狩りの会場では、
細心の注意がはらわれているそうですよ。

 

貝毒の種類について

貝毒には、
4種類が存在しています。

 

  • 麻痺性貝毒
  • 下痢性貝毒
  • 記憶喪失性貝毒
  • 神経性貝毒

 

これら4種類です。

 

ですが日本国内では、
麻痺性と下痢性の2つのみが、
発声を確認されています。

 

貝毒の症状

貝毒は、
毒性がかなり強いとされています。

 

食後30分ほどで発生します。

 

下痢性であれば、
下痢、腹痛、嘔吐の症状が出ます。

 

麻痺性であれば、
舌、唇、顔面や手足の痺れ、
場合によっては呼吸困難などによる死亡といった、
症状が出ます。

 

貝毒はかなり怖いので、
注意喚起については事前にチェックしておきましょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事