サービスエリアとパーキングエリアには、
違いがあります。

 

高速道路を走行していると、
サービスエリアを表すSAや、
パーキングエリアを表すPAという文字が、
何度も目に飛び込んできます。

 

でも、私のような浅学な一般人に、
サービスエリアとパーキングエリアの違いなんて、
分かるハズがありません (/ω\)

 

ですが今はネット社会

 

ネット環境を微妙に駆使して、
その違いについてリサーチしてみました。

スポンサードリンク

サービスエリア(SA)とは?

サービスエリアというのは、
高速道路や有料道路にあります。

 

50km間隔で設置されている休憩所で、
設備は以下のような物が基本です。

 

人と車へサービスが
中心となっていますよ。

 

サービスエリア(SA)の設備
  • レストランやフードコート
  • トイレ
  • 売店
  • 案内所
  • ガソリンスタンド

 

最近では、
上記に加えて個性ある設備が、
設置されるようになりました。

 

サービスエリア(SA)の最近の設備
  • 近隣の名物やお土産を扱う売店
  • 温泉
  • ドッグラン

 

この他にも色々とありますが、
施設が充実しているサービスエリアは、
テレビなんかで特集が組まれることもあります。

 

パーキングエリア(PA)とは?

サービスエリアは、
15km~20km間隔で設置されています。

 

基本として、
人に対してのサービスが、
中心となっています。

 

パーキングエリア(PA)の設備
  • 売店
  • 自動販売機
  • トイレ

 

少し充実した場所だと──

 

充実したパーキングエリア(PA)の設備
  • レストラン
  • 名物などの売店
  • ガソリンスタンド

スポンサードリンク

サービスエリアとパーキングエリアの違いは?

サービスエリアと、
パーキングエリアの違いは?

 

厳密な区分はないそうです。

 

では高速道路にある、
サービスエリアを表すSAや、
パーキングエリアを表すPAという看板

 

アレは、
何を基準に決めているのでしょうか?

 

提供する休憩施設
サービス内容
SAとPAの相互の位置関係

 

これらが、
基準となっているようですが、
やはり明確な区分は存在しません。

 

ですから高速道路を利用する前には、
使う可能性のある、
サービスエリアやパーキングエリアについて、
ネットなどで調べておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク


おすすめの記事