注文住宅の失敗や後悔として、
やはりお金関連の問題が多いようです。

 

今回は注文住宅を建てるときの、
基本的なお金に関してリサーチしてみました。

スポンサードリンク

注文住宅の費用

注文住宅は家の大きさ、性能など、
様々な条件で値段が変わります。

 

では注文住宅には、
どのようなお金が必要となるのでしょうか?

 

注文住宅の準備資金

注文住宅を購入するのなら、
準備できるお金を把握しておきましょう。

 

全額を現金で!
と、いう方は少ないと思いますので、
基本は”現金+住宅ローン”という形になります。

 

この金額を超えないように、
資金計画を立てられなかったため、
後悔することが多いようですよ。

 

なお、
現金は全体の20%ほどが目安だと、
言われていますよ。

 

現金が多い程、
住宅ローンの負担が減るので、
なるべく現金の割合を増やすようにしましょう。

 

ですが貯蓄が無くなると、
イザというときに困るので、
うまく調整しましょうね。

 

住宅ローンについて

注文住宅に使う住宅ローン

 

借りられる金額や条件は、
金融機関、年収、勤務先などにより、
変わってきます。

 

返済に無理がない範囲はどの程度か、
しっかりと相談をした方が良いでしょう。

 

住宅ローンの返済は、
建物の引き渡し以降から始まります。

 

それ以前に、
住宅のために必要な費用が足りない場合、
つなぎ融資という手もあります。

スポンサードリンク

注文住宅の費用

注文住宅を建てるためのの費用として、
以下のお金が必要となってきます。

 

  • 土地
  • 建物本体
  • 諸費用

 

これらの内、
土地や建物本体の頭金、
諸費用については現金を使います。

 

注文住宅を建てたは、
以下のような費用が必要となります。

 

  • 住宅ローンの返済
  • 光熱費:ガス、電気、水道など
  • 税金:固定資産税、都市計画税など
  • 住宅のメンテナンス費用:修繕、管理など

 

住宅ローン以外は、
住んでいる限り必要となる費用です。

 

注文住宅の勘違い

注文住宅を建てるとき、
少し注意して頂きたい点があります。

 

それは建物費用というものは、
本体工事費、付帯工事費。
この2つに分けれれる点です。

 

よく広告などで、
”坪〇〇万円で建てられます”という記載を、
見かけませんか?

 

この価格には、
落とし穴があります。

 

本体、工事費だけを記載して、
安く見せている場合が多いのです。

 

契約前に必要となる、
簡易図面の作成、地盤調査など、
これらは有料という場合もあります。

 

ですから、
事前に依頼する事項が、
有料か無料かを確認しましょう。

 

土地代、建物費用の支払いはいつ?

土地の代金は注文住宅を建て始めるまでに、
全額を払う必要があります。

 

多くの場合は、
土地や建物を担保にして、
住宅ローンを組みます。

 

ですが住宅ローンの利用が可能となるのは、
建物の引き渡しが終わってからです。

 

よって土地代は、
現金で支払うかつなぎ融資を利用します。

 

建物費用の支払いは、
契約時、工事の着手時、工事中、完成後など、
数回に分けて支払う場合が多いです。

 

終わりに

注文住宅での後悔は、
お金に関する失敗や後悔が多いので、
注文前には念入りに打ち合わせをしましょう。

 

また、
複数の会社に見積もりを頼むなどは、
基本ですのでこの辺りも注意をしましょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事