妊娠線は、妊娠後の悩みの1つ。

 

実はこの妊娠線、肌の乾燥が原因となっている場合が多いのです。

スポンサードリンク

妊娠線

妊娠すると、体に様々な変化が起きます。

 

  • お腹が前に出たり、
  • 胸が大きくなったり、
  • 足がむくんだり

 

──そんな変化が起きた時、
急激に皮膚が引っ張られる事で、
妊娠線はできます。

 

妊娠線が出来る皮膚の構造

皮膚はいくつもの層で出来ています。

 

  • 表皮:皮膚の表面にある
  • 皮下組織:皮膚の下にある脂肪など

 

この2つの層は、
柔軟に伸びます。

 

  • 真皮:表皮と皮下組織の間にある

 

ですがこの真皮は、
伸びにくいためヒビ割れたかのように、
皮膚が裂けます。

 

真皮が断裂して

真皮が断裂すると、
皮下組織の血管が、
透けて見えるようになります。

 

これが妊娠線と呼ばれる物です。

 

妊娠線は出来やすい部分がある

妊娠線は出来やすい部分があります。

 

代表的な部分がお腹

 

他にも、
お尻、腕、二の腕、太ももなども、
妊娠線が出来る場合があります。

 

妊娠線が出来やすい時期

妊娠線ができやすい時期があります。

 

特に妊娠中期~妊娠後期にかけて、
妊娠線ができやすくなります。

 

これは、
体型が急激に変化する時期だからです。

 

妊娠線の出来やすい人

妊娠線が出来やすい人がいます。

 

双子や三つ子などの多胎妊娠の方のように、
腹部がすごく大きくなる方や、
背が低いためお腹の大きさが目立つ方は、
特にできやすいとされています。

 

妊娠線の対策は?

妊娠線ができるのは、
普通の事です。

 

しかも、
出産後も消えない事も、
一般的な事です。

 

だからこそ、
女性の悩みとなります。

 

このため、
妊娠後になんとかするよりも、
妊娠線が出来る前に、
予防をすることが大切です。

スポンサードリンク

妊娠線の予防や対策

妊娠線は、
急激な体形の変化が原因です。

 

ですから、
体重が急激に増えないように、
注意することが大切になります。

 

少しずつお腹が大きくなるようにすれば、
皮膚がゆっくりと伸びますよね。

 

皮膚の柔軟性を高める

妊娠線は、
皮膚の断裂が原因です。

 

ですから、
柔軟な皮膚であるように、
日頃から心がけることが、
予防では重要となります。

 

では、柔軟な肌を作るには、
どんな事を心がければ良いのでしょうか?

 

妊娠線を防ぐ柔軟な肌を手に入れるために

妊娠線が出来るのは、
服に隠れる部位がほとんどです。

 

ですから、
外気に影響されにくい場所の肌の柔軟性を、
高めることになります。

 

柔軟性を高めるコツは、
皮膚の乾燥を防ぐことです。

 

服の下なので、
下着や腹巻を活用する事で、
皮膚を温かくしましょう。

 

またクリームなどで乾燥を防いで、
ケアをする事も大切です。

 

妊娠線のクリーム選び

妊娠線のために、
クリームを選ぶ。

 

妊娠している時期というのは、
ホルモンの影響があって、
皮膚が敏感になっています。

 

ですから低刺激の添加物の少ない、
スキンケア用品を選びましょう。

 

また香りにも敏感になりますから、
無香料の物がオススメです。

 

終わりに

妊娠線については、
治す方法も存在します。

 

ですが予防が間に合うようなら、
まずは予防をする事に集中しましょう。

スポンサードリンク


おすすめの記事