加圧トレーニングは、
一昔前には爆発的な人気を発揮し、
多くの人が挑戦しました。

 

ですが、
そのメリットとデメリットが明確にされないまま、
ブームになってしまったため、
良い結果にならなかった人も多いようです。

 

今回は、
加圧トレーニングのメリットとデメリットを、
リサーチしてみました。

スポンサードリンク

加圧トレーニングとは?

加圧トレーニングとは、
腕と脚の付け根に専用のベルトで圧力をかけ、
行うトレーニングです。

 

血流を制限して行うことで、
低負荷・短時間で効果を出せると、
言われています。

 

加圧トレーニングを行うと

血流の制限によって、
筋肉の低酸素化を促します。

 

筋肉内が低酸素化した場合、
日常で使われない筋肉が刺激されます。

 

短時間で効果が出る

加圧トレーニングは、
上肢10分と下肢15分が、
使われる時間。

 

だから合計で25分が、
加圧トレーニングの時間となる。

 

理由

なぜ加圧トレーニングは、
こんな短時間で効果が出るのか?

 

理由の一つは、
血液の制限による、
筋肉内の低酸素化。

 

これによって起こる。
速筋繊維群の強化です。

 

もう一つ理由があります。

 

加圧ベルトで静脈側を制限することで、
血中の乳酸濃度が上昇します。

 

すると、
成長ホルモンが290倍分泌されるのです。

 

他にも色々な、
ホルモンが分泌されますよ。

 

低負荷なので楽

筋力アップは、
高重量の物を持ち上げるのは、
必須であるとされている。

 

でも加圧トレーニングは、
根本的にこれまでのトレーニングとは、
メカニズムが違うので、
少ない回数で筋力アップが可能。

 

体力がなくてもトレーニングが出来る

加圧トレーニングは、
筋力がない方や姿勢の維持が難しい、
疾病などのある方でも行えます。

 

ですから、
初心者や高齢者でも、
加圧トレーニングは行えるのです。

 

血流がアップする

加圧トレーニングは、
血流をアップさせます。

 

ですから、
肩コリや浮腫にも、
良い影響が出ます。

 

これは、
加圧トレーニングは静脈を制限し、
血液を滞留させることにあります。

 

この結果、
毛細血管の拡張に繋がるのです。

スポンサードリンク

加圧トレーニングのデメリット

加圧トレーニングには、
デメリットも存在します。

 

このデメリットを理解しておかないと、
続かなかったり期待した効果が出なかったり、
散々な目に遭うかもしれませんよ。

 

負荷の選択が難しい

理想のスタイルを目指す場合、
ヤリすぎて筋肉が大量について
後悔することもあります。

 

この辺りはトレーナーの、
加圧トレーニングの指導経験が、
野のを言います。

 

血流の制限に注意しないとならない

加圧トレーニングは、
血液の流れを制限する、
トレーニング方法です。

 

このため、
体質によっては貧血症状などが、
出る場合もあります。

 

トレーナーの経験がものを言う

加圧トレーニングは、
かなり特殊なトレーニング方法として、
知られています。

 

このため、
十分な経験を持つトレーナーに、
指導してもらう必要があるのです。

スポンサードリンク


おすすめの記事