洗濯洗剤には、
液体タイプと粉末タイプとが、
ありますよね。

 

洗濯洗剤は、
これらのタイプの違いによって、
どのようなメリットやデメリットが、
あるのでしょうか?

スポンサードリンク

最近の傾向は液体の人が多い

最近は、
液体タイプの洗濯洗剤が主流です。

 

付け加えるのなら、
少しの量で汚れが落ちて、
更に柔軟剤も入っている液体タイプが、
特に人気のようです。

 

 

ですが、
液体タイプと粉末タイプとで、
効果に違いがあるので、
その違いを知っておいた方が良いでしょう。

 

なぜなら、
汚れをしっかりと落としたい場合は、
粉末タイプの方が適しているなど、
タイプによって特徴に違いがあるからです。

 

液体タイプの洗剤の特徴

スーパーなんかを見ると、
すっかり市民権を得たのか、
目立つ所に置かれている、
液体タイプの洗濯洗剤。

 

テレビCMでも、
液体タイプの洗濯洗剤を、
見かけることが多いですよね。

 

そんな液体タイプの洗濯洗剤には、
どのような特徴があるのでしょうか?

 

 

液体タイプの洗濯洗剤に、
どのような特徴があるのか、
長所と短所とに分けて、
これからお伝えしていきます。

 

液体タイプの洗濯洗剤の長所

まずは、
液体タイプの洗濯洗剤の長所を、
いくつかお伝えしていきます。

 

長所1:使い勝手が良い

液体タイプの洗濯洗剤の長所で、
第一に挙げるべきは、
使い勝手の良さでしょう。

 

水に溶けやすいですし、
洗剤のカスも出ません。

 

水に溶けやすいので、
水温を気にする必要もないので、
夏も冬も問題なく使えます。

 

長所2:汚れたヶ所に直接染み込ませられる

液体タイプの洗濯洗剤は、
服の汚れた部分に、
直接染み込ませられます。

 

ですから、
汚れが酷い部分が合っても、
かなりの洗浄効果が期待できます。

 

長所3:特別な効果がある

液体タイプの洗濯洗剤には、
柔軟剤が必要のない物も、
多くあります。

 

粉末洗剤だと、
柔軟剤を入れないといけない場合も多いのですが、
その手間が必要ありません。

 

長所4:皮脂汚れに強い

液体タイプの洗濯洗剤は、
主な成分が界面活性剤です。

 

界面活性剤の特徴は、
水に溶けにくいを、
水に混ざりやすくなる性質です。

 

この性質によって、
皮脂汚れが落としやすくなっております。

スポンサードリンク

液体タイプの洗濯洗剤の短所

液体タイプの洗濯洗剤の欠点を、
ここではご紹介いたします。

 

短所1:値段が高い

液体タイプの洗濯洗剤は、
運送費用が粉末洗剤よりも、
多く掛ります。

 

まず取っ手が付いているため、
形が歪であるため、
運ぶための段ボールのスペースを、
多く必要とします。

 

更に洗剤本体や、
容器の重さも加わり、
運送コストが高くなります。

 

それに少量で洗濯可能ではありますが、
容器に納められた量というのが少ないので、
決して安いとは言えません。

 

短所2:洗浄力の低さ

液体洗剤は、
弱酸性や中性の物が、
ほとんどです。

 

日常の汚れというのは、
食べこぼしや泥汚れですよね。

 

これらの汚れは酸性です。

 

酸性の汚れを落とすのに良いのは、
アルカリ性の洗剤を使うことです。

 

よって洗浄力は、
高いとは言えません。

 

なぜアルカリ性でないのか?

なぜ液体タイプの洗濯洗剤は、
アルカリ性ではないのでしょうか?

 

この理由は、
液体に一定以上のアルカリ剤を含めると、
液体が固まってジェル状になってしまうからです。

 

次の記事はコチラ

洗濯洗剤は粉と液体の違いを知らないと損をする?2

スポンサードリンク


おすすめの記事