セルフメディケーション税制というのは、
医療費控除の特例です。

 

セルフメディケーション税制では、
OTC医薬品の購入費用が高額になり、
さらに一定の条件を満たせば、
医療費控除の特例として、
所得控除の対象となります。

スポンサードリンク

これまでの医療費控除

1年間に支払った医療費が、
合計で10万円を超えると
超えた額は所得から控除される、
医療費控除がこれまでもありました。

 

ですが、
医師に診てもらう機会が少なく、
この制度を活用できない方も、
少なくありません。

 

今回の、
セルフメディケーション税制は、
そのような方に役立ちます。

 

セルフメディケーション税制

日頃健康で医師にかからない方が、
チョットした不調でTC医薬品を利用。

 

そして一定の条件を満たした場合、
税金が減額、還付されるのが、
セルフメディケーション税制です。

スポンサードリンク

セルフメディケーション税制の一定の条件とは?

セルフメディケーション税制の、
一定の条件とは何か?

 

それは、
OTC医薬品を1年間で12000円以上購入

 

その年に、
会社で行う健康診断や自治会のメタボ検診を、
受けている。

 

この2点が条件となります。

 

セルフメディケーション税制の目的とは

セルフメディケーション税制の目的は、
自身の健康管理を心掛けることを目的に、
国が推進しています。

 

この制度のおかげで、
健康の自己管理に関心を持つ方が、
増えると良いですね。

スポンサードリンク


おすすめの記事