幼稚園や保育園で、
子どもに手作りのグッズを、
用意するようにと指示されることがあります。

入園準備

 

これって、
裁縫が得意なら良いのですが、
苦手だと困りますよね。

 

手作りであれば、
子どもが自分の道具を間違えないのは、
分かるんですが親は大変です。

 

でも実は、
手作りグッズを自分で作らずに、
用意する方法が存在します。

スポンサードリンク

手作りグッズが指定される理由について

幼稚園や保育園では、
子どもに持たせる道具に、
手作りの指定がある所が多いようです。

 

子どもが自分の道具を間違わない。
親の存在を近くに感じられるから。
物を大切にする心を養うため。
自分の持ち物を自分で管理するきっかけになるから。

 

こんな理由があって、
手作りグッズを用意するようにと、
幼稚園や保育園では言われています。

 

自分で手作りグッズを作らずに用意する方法

手作りグッズ

自宅にミシンが無い。
裁縫が苦手。

 

と、いう人もいますよね。

 

そんな方は知り合いの誰かに作ってもらうか、
代行サービスを使うと良いでしょう。

 

代行サービスというのは、
手芸店や手作り代行のお店で、
引き受けてもらえます。

 

手芸店の代行サービス

手芸店では、
サイズの指定など細かく受けてくれます。

 

使用する生地なんかも、
その場で選べます。

 

細かな部分をお願いできますし、
幼稚園や保育園の指定も伝えられますが、
割高になる傾向にあります。

スポンサードリンク

手作り代行サービス

工業用ミシンで、
プロの方が作ってくれます。

 

もちろん手芸店と同様に、
細かくサイズや生地について、
お願いできますよ。

 

ただし仕上がりまで、
1ヶ月ほど掛る所が多いですから、
余裕を持ってオーダーしておく必要があります。

 

入園 手作り オーダー

 

などと検索すると、
見つかりますよ。

 

他の方法として

手作り

外注を行う以外にも、
ハンドメイド品を購入するのも手です。

 

実は楽天でも、
ハンドメイドの入園グッズはあります。

 

楽天にあるハンドメイドの入園グッズ一覧へ

 

ハンドメイドは高いですから、
他の場所を確認するのも手です。

 

ハンドメイド製品で有名なのが、
minne(ミンネ) や tetote(テトテ) です。

 

フリーマーケットのような感じで、
色々な物が売られていますよ。

 

それに、
オーダーを受けてくれる方もいますから、
依頼する人を頼むために見てみるのも、
良いかもしれません。

 

こちらも、
検索すれば見つかると思います。

 

終わりに

手作りで入園グッズを用意して下さい。

 

と、言われたら、
少し困ってしまう場合もあります。

 

こんなときは、
少しの工夫で出来るグッズと、
手間が必要なグッズとを分けましょう。

 

その後、
自分で作れる物は自分の手で。

 

自分の手に負えない物は、
外注するなど早めにすると良いでしょう。

 

スポンサードリンク


おすすめの記事