チョコレートの主成分であるカカオ

 

チョコレートは、
体に色々な悪影響が、
出るとされています。

 

ですがこのカカオは健康食材で、
栄養効果が凄いとされています。

スポンサードリンク

チョコレートトカカオ

カカオ豆を、
発酵、乾燥させるとカカオマスになる。

 

カカオマスを、
すりつぶしてペースト状にして搾り取ると、
ココアバターになる。

 

このココアバターが、
チョコレートに使われるカカオです。

 

ちなみにココアバターは、
カカオバターとも呼ばれています。

 

チョコレートのイメージが悪いからカカオも

チョコレートは、
脂質と砂糖が多いのですが、
おいしくてたくさん食べてしまいます。

 

その結果、
太ったりニキビの原因になったり……。

 

そのせいか、
カカオにも悪いイメージを持つ方も、
いらっしゃるようです。

 

ですが……

スポンサードリンク

チョコのカカオが持つ栄養効果

チョコレートの主原料であるカカオは、
健康食材の一つです。

 

チョコレートに使われるカカオは、
ココアバターに加工されています。

 

ココアバターの主成分である、
ステアリン酸

 

これは、
体内への吸収率が低く、
他の脂肪を摂取する場合よりも、
太りにくいとされています。

 

コレステロール値を下げる効果もあるので、
生活習慣予防、ストレス対策にも、
効果があると言われています。

 

更には、
天然の油分が多かったり、
美肌効果があったり、
虫歯を抑制したりもします。

 

チョコレートを食べると体に悪いことが起こる理由

チョコレートに使われるカカオの加工品である、
ココアバターは体に良いとされています。

 

ですがチョコレートを食べると、
色々な問題が生じますよね。

 

これはチョコレートに、
多量の砂糖や脂質などが、
加えられているためです。

 

ですから、
カカオの栄養効果を望むのであれば、
カカオが80%以上使われているような、
不純物の少ないチョコレートを選びましょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事