冬は血管を傷つけるリスクが、
たくさんあります。

 

過ごし方によっては、
血管が傷つくリスクは、
より大きな物に……。

スポンサードリンク

冬の血管へのリスク

冬の過ごし方によっては、
血管のリスクがかなり高くなります。

 

年末であれば忘年会などがあり、
暴飲暴食をする方もいらっしゃいます。

 

とうぜん暴飲暴食は、
血管に悪影響を与えますよね。

 

また冬は室内にこもることが多いので、
運動不足になりがちですよね。

 

とくに寝正月で、
運動不足に拍車をかけてしまいます。

 

最近知られ始めたヒートショック

最近ヒートショックという言葉が、
知られるようになりました。

 

温かい室内から、
冷えた脱衣所や浴室に行くとき、
急激な寒暖差によって、
血管が縮んでしまいます。

 

そして血圧が急上昇をして、
ヒートショックの症状が出います。

 

血管だけでなく心臓など、
人間の体には急激な温度変化に、
弱い個所が多くあります。

 

それらが、
ヒートショックの負荷に耐えられないと……。

スポンサードリンク

血管

血管は、
全身に栄養や酸素を運ぶのに必要です。

 

暴飲暴食、運動不足などにより、
高血圧、資質異常症、糖尿病など、
生活習慣病になると血管が傷つきます。

 

傷が重なると、
動脈硬化などのリスクが生じ、
やがては他の病気の原因となります。

 

血管が傷つくと

傷ついた血管は、
狭く硬く詰まりやすく、
カチコチとなってしまいます。

 

そして命に関わる病気として有名な、
脳卒中や心筋梗塞へとつながるのです。

 

冬の血管を守るために

冬の血管を守るためには、
生活習慣病対策が、
大切になります。

 

最初に見直すべきは、
食事と運動です。

 

食事については、
カロリーや栄養バランスに、
気をつけるようにしましょう。

 

運動に関しては、
室内と室外の温度差がありますから、
服装などに注意して行いましょう。

 

または、
室内で出来るヨガやストレッチに、
挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

ヒートショック対策もお忘れなく

ヒートショックを、
防ぐことも大切です。

 

脱衣所を温めておく、
外出時には温かい服装を心がけるなど、
寒暖差を小さくすると良いでしょう。

スポンサードリンク


おすすめの記事