コーヒーは、
60カ国以上で生産されています。

 

とうぜん産地によって、
味や香りに違いが生まれます。

 

今回は、
うまいコーヒーについての豆知識を、
お伝えします。

スポンサードリンク

コーヒー豆の生産量

コーヒー豆は、
世界の全生産量の3割を占めるブラジルが、
最も生産量の多い国です。

 

2位はベトナム、
3位はコロンビア、
4位はインドネシア、
5位はエチオピアとなっています。

 

1位のブラジルの特徴

コーヒー豆の栽培には、
高地と雨が多い場所が、
適しているとされています。

 

ブラジルは、
この2つの条件を満たしておいます。

 

ですが栽培地の標高は高すぎることがなく、
コーヒー豆の苦みが少なく、
上質なコーヒーが収穫されています。

 

2位ベトナムの特徴

ベトナムのコーヒー豆には、
アラビカ種とロブスタ種があります。

 

ですがベトナムで栽培されているのは、
多くがロブスタ種です。

 

ロブスタ種は、
アラビカ種と比較すると、
風味が落ちます。

 

その代わり、
苦みが強くカフェインも、
多めに含まれています。

 

インスタントコーヒーの原料として、
使われることの多い豆です。

 

3位のコロンビアの特徴

コロンビアのコーヒー豆は、
高い標高で栽培されるのが特徴です。

 

このため、
酸味の強さが有名です。

 

マイルドなコーヒー豆の代名詞とも。

 

4位のインドネシアの特徴

インドネシアのコーヒー豆は、
マンデリンが有名。

 

マンデリンは高級品で、
強めの苦みと軽めの酸味を持ち、
濃厚なコクの個性的な豆です。

 

5位のエチオピアの特徴

エチオピアのコーヒー豆は、
他の国の豆よりも苦みが少ない。

 

香りや酸味は、
フルーティーとも言われています。

スポンサードリンク

コーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は、
保存状態が良くないと、
どんどん劣化していきます。

 

これは、
湿度(豆は焙煎され乾燥している)
酸素(豆が酸化する)
温度 (室温が15度以上になると痛みがススム)
紫外線(蛍光灯の光でも劣化する)

 

これらが、
コーヒー豆が劣化する、
大きな原因とされています。

 

コーヒーの美味しい淹れ方は?

 

 

 

 

スポンサードリンク


おすすめの記事