湯たんぽは、
眠るとき以外にも使えます。

 

日中でも使えるので、
電気代の節約にもなりますよ。

スポンサードリンク

湯たんぽの温度

湯たんぽは、
お湯を入れれば4時間ほど、
温かいままです。

 

もちろん、
湯たんぽの容量や材質によっては、
それ以上の時間、温かいままとなります。

 

ちなみに、
湯たんぽに入れるお湯の温度は、
50度前後が一般的なようです。

 

湯たんぽは眠る以外の時にも使える!

当然ですが、
湯たんぽは眠るとき以外にも使えます。

 

ですが、
多くの人が眠るとき以外は、
使っていないのが現状……。

 

とりあえず、
すぐ使えるタイミングをお伝えすると、
以下のようになります。

 

湯たんぽを使うタイミング例
  • 仕事中
     ○湯たんぽをお腹に当てる
       血液が温められて、やがて全身が温まる
  • 半身浴の代わりに
     ○事前に湯たんぽで内臓を温めておき、その後お風呂に浸かる
       →体の芯から温まる
  • 残り湯も活用
     ○お湯が覚めてもぬるめのお湯は残る
       →洗顔に使うと良い
         冬は冷水で洗顔するとシミに原因になるから役立つ
  • 肩を温める
     ○肩こりの解消に役立つ
  • お腹を温める
     ○腸の状態が良くないニキビや便秘解消に
  • 寝る前に布団に入れる
     ○寝る時の布団の冷たさが解消される

 

このように、
湯たんぽには色々な使い方があります。

スポンサードリンク

湯たんぽの基本的な使い方

最後に、
湯たんぽの基本的な使い方である、
寝る時の使い方を見てみましょう。

 

  1. 湯たんぽに50度前後のお湯を入れる
  2. 寝る30分前に布団に入れる
  3. 布団に入ったら湯たんぽを足元に移動

 

湯たんぽのお湯は、
4時間ほどで冷めます。

 

ですが布団などに入れると、
熱が逃げないため、
より長い時間湯たんぽの温度を維持できますよ。

スポンサードリンク


おすすめの記事