紫蘇には、
美肌を作る効果があります。

 

さらに、
花粉症やアトピー喘息などの、
アレルギー疾患にも良いとされています。

 

今回は、
紫蘇のへの効果についてリサーチしました。

スポンサードリンク

紫蘇の効果

紫蘇には、
血液をサラサラにしたり、
整腸、疲労回復、食欲増進、
ダイエット、風邪予防、美肌効果など、
様々な効果があります。

 

今回は、
これらの効果の中でも、
美白についてお伝えします。

 

紫蘇が肌に良い理由

紫蘇は、
抗酸化作用も高かったり、
αーリノレン酸が豊富であったりと、
肌に良い理由が多くあります。

 

紫蘇の抗酸化作用について

活性酸素は体内に侵入した、
ウイルスなどをから守る効果があります。

 

ですが、
過剰に増えると正常な細胞に攻撃し、
人間の体を傷つけてしまいますし、
体を錆つかせたりもします。

 

当然、肌も餌食となりますから、
美肌を目指すのなら避けたいところです。

 

このような事態を防ぐためには、
紫蘇のような抗酸化効果が高い食品を、
摂取する必要があります。

 

紫蘇には、
αーリノレン酸、βーカロテンという、
過剰な活性酸素の害を防ぐ、
抗酸化成分が多く含まれていますよ。

スポンサードリンク

紫蘇にはαーリノレン酸が多い

αーリノレン酸は、
多価不飽和脂肪酸の一つです。

 

摂取することで、
EPAがDHAへと代謝されます。

 

このためαーリノレン酸を摂ると、
EPAが持つ血流を良くする効果と、
DHAの脳や神経組織の機能を高める効果を、
得られることになるのです。

 

ですがαーリノレン酸は、
人間の体内では合成されません。

 

よって、
食事を通して摂取する必要があります。

 

紫蘇にはβーカロテンが多い

抗酸化効果が高いとされる、
ビタミンC。

紫蘇に含まれるβーカロテンは、
ビタミンCの1000倍もの、
抗酸化効果を持っているとされています。

 

紫蘇には、
ニンジンの1.3倍のβーカロテンがあり、
他の食品と比べても豊富です。

 

この紫蘇に含まれるβーカロテンですが、
粘膜を強化して免疫力を、
高めてくれる効果があります。

 

美肌を手に入れるためには、
アンチエイジングよりも、
粘膜ケアの方が大事とも、
言われているほどです。

 

ですから、
紫蘇が持つ粘膜を強化する効果は、
見逃せませんよね。

 

まとめ

活性酸素の害を防ぐ、
抗酸化作用。

 

αーリノレン酸による、
EPAかDHAへの代謝。

 

βーカロテンによる、
粘膜などの強化。

 

紫蘇のこういった効果が、
美肌作りに貢献してくれます。

スポンサードリンク


おすすめの記事