子供が野菜嫌いなのには、
理由が存在します。

スポンサードリンク

子供の味覚について

野菜嫌いという子供は、
多いですよね。

 

子供が野菜嫌いになる理由の一つに、
味覚の問題があります。

 

子供の味覚は、
大人が考える以上に敏感です。

 

特に苦みに対して鋭く、
反射的に吐き出す子供すらいます。

 

経験で好きになる味がある

子供

苦み、辛味、渋味

 

これらの味は、
経験を積むことによって、
好むようになる味です。

 

何度も食べることにより、
好きになっていくのです。

 

ですから、
食経験の少ない子供の場合、
これらの味は好まない場合が多いようです。

 

子供の好む味がある

経験によって好むようになる味がありますが、
生まれつき人間が好む味も存在します。

 

砂糖、塩、油脂の味は、
生まれつき人間が好む味です。

 

子供の野菜嫌いは好む味が手軽に手に入るから

野菜嫌い

砂糖、塩、旨味、油脂という、
生まれつき人間が好む味

 

これらは加工食品で、
よく使用されていますよね。

 

このため、
経験によって好きになる味を含む野菜は、
加工食品の魅力に負けてしまいます。

 

そして野菜を食べるよりも、
加工食品を食べる方がいい……。

 

と、子供が思うようになり、
野菜嫌いになるのです。

スポンサードリンク

子供は空腹を感じることが少ない

加工食品が魅力的過ぎるのが、
子供が野菜嫌いになる理由です。

 

ですが、現代の子供は、
空腹を感じる時間が少ないことも、
野菜嫌いが直らない理由だと言われています。

理由

 

強い空腹を感じたら、
嫌いな野菜でも食べます。

 

ですが強い空腹にならないため、
子供の中で加工食品と野菜とを、
比較する余裕があるのです。

 

よって、
魅力的な加工食品を取ってしまい、
野菜の味を経験する機会が、
少なくなってしまうのです。

 

これらを考えると

子供の野菜嫌いを治す。

 

このためには、
野菜の味に慣れさせることが大切です。

 

野菜の味は、
経験によって好むようになる味ですからね。

 

砂糖、塩、油脂など、
生まれつき人が好む味の調味料を使った、
加工食品を食べさせる機会を減らしましょう。

 

そして、
少しずつ野菜の味を経験させていくことが、
子供の野菜嫌いを根本的な理由から解決するコツです。

スポンサードリンク


おすすめの記事