冷え性の人は、
夜寝る時に足が冷えてしまい、
眠ることが出来ないことも多いですよね。

 

だから靴下を着けて……。

 

と、いうのは、
少し問題があるかもしれませんよ。

スポンサードリンク

寝る時に足が冷えるのは自然なこと

人間の体と言うのは、
活動をする日中には体温が上がり、
眠りにつく時には体温を下げます。

 

眠るときに体温が下がるのは、
心臓の動きを緩やかにして、
血流が低下するからです。

 

このため毛細血管のある足元の体温は、
体の中心部に比べて低くなります。

 

ですから眠る時は足先が冷えるのですが、
靴下で温めると体温調節を、
妨げてしまいます。

 

寝る時の体温調節を妨げると

質の高い睡眠というのは、
入眠時に少しずつ体温が下がっていくものです。

 

ですが靴下などで、
足を温かくしてしまうと、
体温調節が狂ってしまい、
質の高い睡眠の条件が、
失われてしまいます。

 

すると睡眠の質が下がり、
眠っても疲れが取れないという事態が、
起きてしまいます。

 

冷えの原因になることも

靴下を履くと、
足を締めつけますよね。

 

足は毛細血管がたくさんあるので、
足の締め付けは血流を悪くします。

 

血管を流れる血液というのは、
体温を運ぶ役割も持っていますが、
靴下の締め付けによって、
その働きが阻害されてしまうのです。

スポンサードリンク

冷え症でも寝る時に靴下を履かないコツ

冷え症は、
足が冷えますよね。

 

ですから靴下を履くなどしないと、
寒い時期は眠れないかもしれません。

 

が、色々な弊害があるので、
靴下を寝る時に履くのは、
避けたいものです。

 

では冷え性の人が、
靴下なしで寝るためには、
どのような工夫が必要なのでしょうか?

 

体全体を温める

足が冷えて眠れないから、
靴下を履いて眠る。

 

これを防ぐには、
血の巡りを良くして、
全身を温める習慣を身につけましょう。

 

運動をすることは基本ですが、
寝る直前にお風呂に入るのも良いでしょう。

 

また夕食以降には、
体を冷やすカフェインの摂取を控えることも、
大切になります。

 

冷え症が改善されるまでは

冷え症の改善こそが、
靴下なしで寝れるコツだ!

 

と、いっても、
冷え症が改善するまでには、
時間がかかりますよね。

 

ですか足が冷えて眠れない時は、
湯たんぽを使うなどすると良いでしょう。

 

湯たんぽは、
足元をじんわりと温めてくれます。

 

湯たんぽの賢い使い方はお湯の入れ方にあり!

湯たんぽは、
中に入れたお湯が冷めると、
効果が無くなります。

 

ですから、
お湯は沸騰した物を入れましょう。

 

低温やけどを恐れて、
低い温度のお湯を入れる方も、
いらっしゃるようです。

 

ですが体温よりも高い限り、
低温やけどをする可能性は、
存在しています。

 

ですから、
低い温度のお湯を入れても、
低温やけどを防ぐ効果は、
期待できないのです。

 

あとお湯の量は、
湯たんぽの口ギリギリにまで、
入れるようにしましょう。

 

お湯の温度が冷めると、
湯たんぽ内の空気が縮まりますから、
湯たんぽがへこむ原因になります。

 

終わりに

寝る時には、
靴下を履かない方がいいですよ。

 

変わりに、
湯たんぽでもいかがですか?

 

と、いうのが、
今回の記事内容でした。

 

靴下を履いて寝ることで、
寝つきや寝起きが悪くなったという場合は、
靴下を履くのを避けた方が良いかもしれませんね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事