お歳暮やお中元は、
一度贈るとやめにくいですよね。

 

ですが時が経つにつれて、お歳暮やお中元
お歳暮やお中元を贈りだした頃とは、
関係などが変わってくる物です。

 

ですから、
お歳暮やお中元をやめる方法を、
知っておくことは大切になります。

スポンサードリンク

お歳暮やお中元をやめるタイミング

お歳暮お中元は、
辞めるタイミングという物があります。

 

それは、
人生の節目などです。

 

引越しや転勤、退職、出産、
子供の進学などは、
環境が大きくあくぁるので、
やめるタイミングと言えます。

 

また過去には、
結婚の仲人をしてくれた方には、
ずっとお歳暮やお中元を贈っていました。

 

ですがが、
現在では3年~5年でやめる人が増えるなど、
時代の変化によってやめるタイミングが、
変わる場合があります。

スポンサードリンク

人間関係で見るお歳暮やお中元のやめるタイミング

人間関係によっても、
お歳暮やお中元のやめるタイミングは、
違ってきますよね。

 

上司など

社内での異動や、
退職がやめるタイミングです。

 

親戚などの身内

電話一本で十分なのが普通です。

 

一方で、
贈答をやめた事を騒ぐ親戚は、
距離を置いた方が良い相手と言えます。

 

友人や知人

お歳暮やお中元を贈り始める前であれば、
その時限りのお礼に留めましょう。

 

もしお歳暮やお中元を贈っていて、
贈答をやめたい場合は、
後でご説明する方法で、
時間をかけてやめるというのが良いでしょう。

 

お歳暮やお中元のやめ方

お歳暮やお中元には、
やめ方のマナーは存在しません。

 

ですから相手の心証を考えたやめ方を、
実践する必要があります。

 

お歳暮とお中元を贈っているのなら、
以下のような方法でやめると、
角が立ちにくいでしょう。

 

お歳暮やお中元のやめ方
  1. お中元の代わりに暑中見舞いを出す
     ○この年はお歳暮は出す
       お歳暮は1年の感謝の意味があるから
     ○お歳暮の熨斗書きは感謝とする
  2. 翌年はお歳暮もやめる
     ○年末の挨拶状だけを出す

 

終わりに

お歳暮やお中元は、
感謝を伝える物です。

 

ですから最も失礼なのは、
感謝していないのに贈ることだと、
言われています。

 

ですが、
感謝しているかどうかなど、
先方には分かりません。

 

ですから、
突然お歳暮やお中元をやめると、
先方に心配されることがあります。

 

ですから段階を踏んで、
お歳暮やお中元をやめることをお勧めします。

スポンサードリンク


おすすめの記事