飛行機に乗ったら、
子どもが泣く!

 

こんな悩みをお持ちの方は、
多いと思います。

 

もし飛行機に乗ったとき、
子どもが泣くようなことがあったら
どのように対処すれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

子どもが飛行機に乗ると泣く理由

子どもが飛行機に乗ると泣くのには、
色々な原因が存在しています。

 

飛行機は独特の環境ですよね。

 

飛行機は高い高度を飛ぶので、
気圧の変動から守るために、
気圧を一定に保っています。

 

温度管理も、
エアコンが作動しているので、
温度が低い状態です。

 

それに、
少し酸素が不足した状態を、
維持しています。

 

飛行機内で子どもが無く原因1:酸素濃度

酸素濃度が低下した状態は、
成人であれば問題はありません。

 

ですが子どもの場合は、
泣いてしまう程の息苦しさとなります。

 

対処方法

安定飛行になって3時間しても、
グズッている場合

 

息苦しさが原因かも知れませんから、
息を吸いやすい体勢を、
取らせて上げて下さい。

 

このとき、
濡れたタオルなどを借りて、
口や鼻の周りを加湿すると、
息苦しさが軽減します。

 

飛行機内で子どもが無く原因2:気圧

飛行機が、
離陸したり着陸したりするとき、
機内の気圧が変化します。

 

このため、
耳の痛みにつながることが、
ときおりあります。

 

この症状は、
中耳炎や鼻水などだと、
起こりやすくなります。

 

これは耳の圧力の調整が、
うまくできない体とされています。

 

対処方法

飴を舐めるなどすれば、
この症状は出にくいようです。

 

痛み止めの座薬を用意しておくのも、
良いかもしれませんね。

 

赤ちゃんの場合は、
哺乳瓶を持っていけばよいでしょう。

スポンサードリンク

最高の対処方法は?

子どもが飛行機で泣く時、
最高の対処法は何かと言ったら、
寝かせること。

 

耳の痛みにも気付かないし、
息苦しさにも気付かない。

 

だから、
子供を寝かしつけられるように、
漢方薬を使う医師なんかもいるほどです。

スポンサードリンク


おすすめの記事