風邪をひいたときに、
お風呂に入る。

 

これって、
風邪の症状が悪化するって、
言われていますよね。

 

でも、
コレって本当なのでしょうか?

スポンサードリンク

風邪をひいている時の入浴について

風邪

風邪をひいたときの入浴ですが、
良いとも悪いとも言えないようです。

 

なぜなら、
風邪と一言でいっても、
症状には色々とあるから。

 

高熱が出ておらず、
症状が軽いのであれば、
お風呂に入るのも手だと言われています。

 

お風呂に入れば、
体が温まりますし、
気持ちもサッパリとしますしね。

 

ゆっくりと、
心身を休められますから、
体力の面を考えれば、
入浴は悪くないかかもしれません。

 

風邪で発熱している時はお風呂を避けたい

風邪の代表的な症状には、
発熱がありますよね。

 

発熱している時は、
お風呂に入らない方が良いと、
考える方もいらっしゃいます。

 

身体に悪影響が出るとか、
そういう視点からの考えではなく、
入浴事故を心配してのことです。

 

体温が、
37.5℃以上の時にお風呂に入ると、
入浴事故が発生しやすくなるようです。

 

ですから、
発熱時の入浴には、
注意が必要ということですね。

スポンサードリンク

風邪の時にお風呂に入るメリットとデメリット

最後に、
風邪の時にお風呂に入る、
メリットとデメリットをお伝えします。

 

風邪の時にお風呂に入るメリット

お風呂

風邪をひいたとき、
お風呂に入ると、
どのようなメリットがあるのか?

 

最大のメリットは、
喉の加湿や、
肌を清潔に出来るので、
抵抗力を保てること。

 

それに体温が上がることによって、
風邪の菌を殺す作業も期待できます。

 

あと血行が良くなり、
新陳代謝も向上します。

 

リラックス効果によって、
眠りやすくなることも期待できます。

 

よって、
回復が早くなるかもしれません。

 

風邪の時にお風呂に入るデメリット

風邪

風邪の時にお風呂に入るデメリットとして、
最初に上げるべきなのは体力の消耗。

 

あと湯冷めをすることで、
風邪への抵抗力が下がる危険もあります。

 

髪を洗うと、
その部分から熱が奪われてしまい、
湯冷めが起こる危険性があります。

 

ですから風邪の時にお風呂に入ったら、
髪を洗うのは避けましょう。

 

終わりに

今回は、
風邪の時にお風呂に入るのは、
良いか悪いかリサーチしました。

 

発熱の症状が出ている時には、
お風呂は避けた方が良いかもしれません。

 

また体力が減っている時も、
入浴事故が起こる可能性があるので、
お風呂は避けましょう。

 

お風呂に入っていい風邪の症状もあります。

 

ですがが、
風邪の時にお風呂に入るときには、
注意をした方がいいのは確かでしょうね。

スポンサードリンク


おすすめの記事