夏は室内の冷えによって、
自律神経が乱れがち。

 

これは室内と室外とが、
エアコンの影響で温度の差が大きく違うのが、
原因であるのは有名ですよね。

 

また冷たい飲み物や冷たい食べ物を、
口にし過ぎたのが原因である場合もあります。

 

今回は、
夏の冷え対策について記事にまとめました。

スポンサードリンク

夏の冷えの影響

の冷えは、
代謝の低下やリンパの巡りを滞らせる、
原因となります。

 

このため、
むくみセルライトの原因となったり、
太る原因になったりとします。

 

ようするに、
夏の冷えは美容の敵だということです。

 

が、問題は、
美容だけではありません。

 

夏の冷えの健康問題

夏冷え対策

夏の冷えは、
健康にも問題を生じさせます。

 

体温調整ができなくなり、
身体にこもった熱が、
逃げなくなったりします。

 

この結果、
熱中症の原因になることが、
夏の冷えでは考えられます。

 

さらに悪いことに

夏の冷えによって、
身体に熱がこもるので、
冷たい物が欲しくなりますよね。

 

ですから、
冷たい飲み物を余計に飲むようになり、
夏の冷えを深刻化させることがあります。

 

しかし、
飲み物を飲まないというのも危険です。

 

暑い夏だと、
脱水の原因になったり、
免疫機能の低下につながったりしますからね。

スポンサードリンク

夏冷えの対策は?

夏冷えには、
手軽にできる対策があります。

 

これらを、
日頃から心がけてみましょう。

 

夏冷え対策:室内では体を温める

夏冷え対策

夏冷え対策は、
寒い室内では寒くない格好を、
するのが基本となります。

 

寒い室内にいる場合、
首、手首、足首を温めるようにすれば、
体の温度を保持しやすいですよ。

 

夏冷え対策:食事

健康や美容に関する対策で、
忘れてはいけないのが食事

 

夏冷え対策として、
薬味やスパイスを使いましょう。

 

夏は体が冷える料理を、
口にすることが多いですから、
薬味などで内臓を温めましょう。

 

夏冷え対策:食事2

ビールが美味しい夏。

 

特にキンキンに冷えていると、
五臓六腑に染みわたり、
見事に内臓を冷やしてくれます。

 

冷たいビールを飲む方は、
1日に1杯のみとしましょう。

 

冷たいビールを飲んだ後は、
お湯割りしたアルコールを飲むなど、
温かい物を飲むと良いでしょう。

 

夏冷え対策:外出から帰ったら

夏冷え対策

外出して自宅に帰ったら
エアコンで冷やした部屋に入る人も、
夏には多いことでしょう。

 

このことそのものは、
悪くはないのですが、
自律神経が乱れてくることがあります。

 

そんな時には、
お風呂に肩までつかるか、
足湯につかるかしましょう。

 

汗が出るまではいると、
体温調整機能が、
リセットされます。

 

肩までお風呂に入る場合は、
39℃のお湯を目安に。

 

足湯につかる場合は、
42℃のお湯を目安にしましょう。

 

夏冷え対策:夜、眠るとき

1日を終えて眠るとき、
腹巻きをしましょう。

 

内臓を温めてくれます。

 

終わりに

今回は、
夏冷え対策について、
リサーチしてみました。

 

室内と室外との、
激しい温度差を経験する機会が、
多い方は夏冷えに気をつけましょう。

 

いつの間にか症状が進み、
一気に体調不良が来ますからね。

 

夏冷えが気になる生活をなさっている方は、
内臓を温めることをお忘れなく。

スポンサードリンク


おすすめの記事