帽子をかぶるとハゲると、
噂が……。

 

これって本当?

スポンサードリンク

帽子を仕事でかぶる人

帽子をかぶるとハゲるのなら、
仕事で帽子をかぶる人は、
悲劇に見舞われるということです。

 

1週間に帽子を2時間以上かぶる人は、
国内で2千万人がいるそうです。

 

このうち、
工場で740万人で、
建築作業員が400万人。

 

これらの帽子をかぶる人は、
を心配する人が多いとか。

 

帽子をかぶるとハゲるって本当?

帽子内の頭皮環境は、
かなり悪いとされています。

 

帽子内の温度

19℃~23度の外気に対して、
運動をすると帽子内の温度は、
30分で30度を超すとか。

 

湿度に関しては、
外が31~96%ですが、
帽子内部は80~100%

 

帽子内は細菌も酷い

帽子内の細菌に関しては、
運動をすると増えるのが、
確認されたそうです。

 

ニキビの原因の菌や、
呼吸器感染症の原因菌など、
最低でも13種類が増えたとか。

 

結論

帽子をかぶって運動をするのは、
頭皮を劣悪な環境に、
投入するような物。

と、言えそうです。

 

ですが帽子はハゲの原因かというと、
本当でもあるしウソでもあると言えます。

スポンサードリンク

帽子をかぶるとハゲるという噂が本当で嘘の理由

帽子をかぶるとハゲるというのは、
本当とも嘘とも言えます。

 

これは帽子には先に書いたように、
劣悪な頭皮環境を作る原因という側面が、
ありますがもう一つの側面があるからです。

 

その側面というのは、
頭皮を守る効果です。

 

帽子をかぶるとハゲるという噂が嘘と言える理由

帽子は、
頭皮に降り注ぐ紫外線をカットしてくれます。

 

頭皮は紫外線の影響を受けやすく、
炎症により髪の成長を妨げたり、
抜け毛などの原因になります。

 

また太陽熱から、
頭の温度上昇を防ぐ効果もあります。

 

なんでも真夏に帽子をかぶるかどうかで、
頭の温度に10℃以上の差が出るとか。

 

本当の結論

帽子は上手に使えば、
ハゲの予防となります。

 

 

例えば、
帽子は太陽光を防いでくれますが、
室内では太陽光を防ぐ効果は、
意味がありませんよね。

 

必要が無いのであれば、
室内での着用は避けることが、
上手な帽子との付き合い方と、
いえるでしょう。

 

もちろん仕事の関係などで、
帽子をかぶらなければならない方は、
かぶる必要がありますが。

 

ですが、
適当な時間で帽子をかぶりなおして、
湿気対策をすることをお忘れなく。

スポンサードリンク


おすすめの記事