ぎっくり腰になると、
仕事どころの話ではなくなります。

ぎっくり腰

 

ぎっくり腰は一度発症すると、
歩くことすら大変になって、
日常生活に支障が出るのですから、
当然ですよね。

 

でもぎっくり腰の痛みを、
周囲の人は理解してくれないことも……。

 

このため会社内の風当たりを心配して、
早めに仕事復帰をしたいと考える方も多いですよね。

 

では、ぎっくり腰になった場合、
最短で何日ほどあれば仕事復帰できるのでしょうか?

スポンサードリンク

ぎっくり腰になったら仕事を休むのは当たり前?

ぎっくり腰は、
とんでもない痛みがあることで有名。

 

痛み止めを打って、
無理をする人もいます。

 

ですが無理をした事で、
後遺症が出ることもありますので、
無理をすることはオススメできません。

 

 

ぎっくり腰で仕事を休む期間は?

休む期間

ぎっくり腰は、
最低でも2日間は動けません。

 

おかしな会社でなければ、
このことは理解してくれます。

 

最低でも1週間は休み、
理想をいうのなら、
2週間は休みたいものです。

 

ですがこれだけの期間、
会社を休むのは難しいでしょう。

 

多少無理をするのであれば、
痛み止めとコルセットの併用で、
3日ほどで復帰することが、
可能な場合があります。

 

もちろん医師と相談の上で、
仕事に復帰するか考えることになりますが。

スポンサードリンク

もし3日で仕事復帰をすると

3日など、
短い期間で仕事復帰をした場合、
ぎっくり腰が完治するのに、
時間が掛ることになります。

 

このため、
万全でない状態での仕事が、
長期間続くようになるため、
仕事の質が落ちることになりますし、
こなせる仕事の量も減ることになります。

 

これらのことも考えて、
仕事への早期復帰については、
考えましょうね。

 

終わりに

もし早めに仕事復帰をなさりたい場合は、
3日経ったら医師と相談して、
会社に行くか判断をすると良いでしょう。

 

ですが3日程度では万全の状態で、
仕事に復帰できるわけではありません。

 

3日で会社に行く場合は、
痛み止めとコルセットは、
必要となるはずです。

 

早期の仕事復帰後は、
慎重に体を動かすようにし、
ぎっくり腰の悪化に注意をして動きましょうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事