ぎっくり腰になったら温めるという話を、
聞いたことのある方も多いかと思います。

 

でも、温めるのって、
効果があるのでしょうか?

 

腰以外で考えると、
体に不調がある場合、
温めた方が良いことが多くあります。

 

ですから、
温めるのも良さそうに思えますが、
ぎっくり腰になったら冷やすという例が、
世間では多いようです。

スポンサードリンク

ぎっくり腰になって病院に行くと

ぎっくり腰になったら病院に行きましょう。

 

慢性化したら、
大変ですからね。

ぎっくり腰

 

病院に行くと、
シップ、腰痛サポーター、
注射、痛み止めなどが使われます。

 

その後、
『医師は2~3日は安静にして、
氷やシップで冷やして下さい』

 

このような指示を出されることが、
多いですね。

 

少し丁寧な医師であれば、
温めると痛みが増すと、付け加えます。

 

ぎっくり腰になって温めると痛みが増す理由

ぎっくり腰になったら、
温めると痛みが増すと言われまあす。

 

ぎっくり腰は、
筋肉を痛めているので、
患部にダメージがあります。

 

このダメージが原因で、
炎症を起こしています。

 

 

患部を冷やすのは、
血管を収縮させて血流を減少させることで、
一時的に炎症を軽減させるためです。

 

同時に、
冷やすことで痛みに関連する物質、
プロスタグランジンという物の生成を、
抑制させることも可能です。

 

これらの作用を目的に、
病院ではぎっくり腰の患部を冷やすのです。

 

ぎっくり腰になったら温める!これって悪い事?

ぎっくり腰になったら温める

上記の内容を考えると、
ぎっくり腰になったら温めるというのは、
悪いことのように感じます。

 

実際、ぎっくり腰の患部を温めることは、
痛みに関連する物質である、
プロスタグランジンを作る原因になります。

 

さらに炎症反応が強くなったり、
痛みも強くなります。

 

一見すると悪いことだらけですが……

 

そもそも炎症とは?

炎症というのは、
体が患部を治そうとする働きです。

 

ですから炎症を止めなければ、
冷やして炎症を抑えたときよりも、
早く治ると言うことです。

 

患部を冷やすと言う行為は、
痛みを抑えるためであり、
回復を促すためではないのです。

 

このため病院によっては、
温めるか冷やすか選択の機会を、
用意していることもあります。

スポンサードリンク

ぎっくり腰になったら温めるのは早く治すため

ぎっくり腰になったら温めるというのは、
早く治すのに役立ちます。

 

ですが炎症が強くなり、
痛みも酷い物となります。

ぎっくり腰になったら温める

 

冷やして小さな痛みに耐えながら、
時間を掛けてぎっくり腰を治すのか?

 

温めて大きな痛みに耐えながら、
早めにぎっくり腰を治すのか?

 

悩むところですよね。

 

ぎっくり腰の患部を直接温めなくても

ぎっくり腰の患部を直接温めなくても、
ふくろはぎを温めても腰の血流はよくなります。

 

とうぜん患部を直接温めたときよりもは、
血流はよくなりませんが。

 

ぎっくり腰になったら温める!その注意点

ぎっくり腰の患部を温めると決めた時、
注意したい点があります。

 

ぎっくり腰になった直後、
体を治そうとする働きにより、
血流が急上昇することがあります。

 

すると体温が高くなりすぎて、
真っ赤になることも。

 

このような場合には、
患部を冷やして少し熱を取ることが、
必要となります。

 

もちろん冷やし過ぎは、
回復を遅らせますから注意しましょう

スポンサードリンク


おすすめの記事