筋肉痛は、
運動のあとで起こる宿命のようなもの。

 

筋肉が強くなるのに必要とか言われますが、
早く対処をして治したいというのが、
筋肉痛になった人の本音のハズ。

 

今回は、
筋肉痛を直す方法を、
リサーチしてみました。

 

筋肉痛にお悩みの方は、ぜひお役立て下さい☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

筋肉痛を直す方法について

特に筋肉痛になりやすい、
腕や太もも

 

これらの場所の筋肉痛には、
以下のような方法を用いて、
対処する人が多いようです。

 

腕や太ももの筋肉痛に用いられる対処方法
  • アイシング
  • 温熱療法
  • アルニカオイルでマッサージをする
  • さくらんぼジュースを飲む

 

では、上記の筋肉痛を治す方法について、
少し詳しく説明させて頂きます。

 

筋肉痛を治す方法1:アイシング

筋肉痛

筋肉痛を治す方法で、
最も一般的に行われているのが、
アイシングです。

 

氷を詰めた袋や氷のうを、
筋肉痛となった場所に当てて冷やします

 

この筋肉痛への対処方法を、
アイシングと呼んでいます。

 

このアイシングは一流のアスリートたちが、
トレーニング達の終わりにも使っている点からも、
信用の高い対処方法と言えるでしょう。

 

オススメはビニール袋に氷を入れてのアイシング

最近では、
保冷剤やコールドスプレーを使った、
アイシングも行われています。

 

ですが、
ビニール袋に氷を入れて行うアイシングは、
筋肉の深い場所にまで届きます。

 

ですから効果を求めるのなら、
ビニール袋に氷を入れて行うアイシングが、
最も有効とされています。

 

筋肉痛へのアイシングにはどんな効果があるのか?

アイシングの効果は──

  • 痛覚神経の麻痺による痛みの軽減
  • 血管を収縮させて炎症を抑える効果

 

この2種類の効果があります。

 

アイシングを使った治し方の注意点

アイシングを行う場合、
腕や太ももと言った患部を冷やす時間に、
注意をしましょう。

 

アイシングを行うのは、
1回につき20分まで

 

20分のアイシングを、
何度も繰り返すようにしましょう。

 

アイシングが最も効果を発揮するタイミングは?

筋肉痛の原因となった運動を終えてから、
48時間以内にアイシングを行いましょう。

 

48時間以内であれば、
アイシングは大きな効果を発揮します。

 

もし48時間を過ぎた場合、
次にご紹介する温熱療法で対処すると、
筋肉痛に良い影響を与えます。

スポンサードリンク

筋肉痛を治す方法2:温熱療法

治す方法

温熱療法というのは、
半身浴などのことです。

 

また濡れたタオルを、
電子レンジで温めて、
患部にあてる方法もあります。

 

もう少し手軽な方法としては、
薄い布で覆ったカイロを、
筋肉痛となった個所に、
当てるという方法もあります。

 

この温熱療法というのは、
筋肉痛の原因となった運動から、
48時間が経過している場合や、
慢性的な痛みなどに有効です。

 

筋肉痛への温熱療法にはどんな効果があるのか?

筋肉痛になった個所を温めると、
血管を膨張させ血流量を増やすことができます。

 

血流量が増えると、
筋肉痛の原因の一つである乳酸が、
除去されやすくなります。

 

さらに損傷した筋肉を回復させるために必要な、
栄養や酸素が届けられるようになります。

 

この結果、
筋肉の回復が早まるのです。

 

温熱療法の進化系

温熱療法には、
進化系と呼べる方法があります。

 

 

その方法の名前は、
温冷交代浴

 

温冷交代浴は、
以下の温度の温水と冷水に交互に入ります。

 

  • 42℃前後の温水:3~5分入る
  • 15~20℃の冷水:1~2分入る

 

交互に入るのを、
3~5セット行いましょう。

 

ただし心臓への負担が大きいので、
事前に医師と相談してからの方が良いかもしれません。

 

筋肉痛を治す方法3:アルニカオイルでマッサージをする

筋肉痛

アルニカオイルをご存知でしょうか?

 

アルニカオイルというのは、
その名の通り、
アルニカという花から抽出された、
オイルのことです。

 

アルニカオイルは、
炎症や腫れを鎮めると報告されており、
マッサージ業界でも使われることが多くあります。

 

筋肉痛の度合いにもよりますが、
数時間で効果が出たという人すらおり、
即効性が凄いオイルとしても有名です。

 

筋肉痛を治す方法4:さくらんぼジュースを飲む

さくらんぼには筋肉の痛みを和らげたり、
炎症を抑えたりする効果があると言われています。

 

特にタルトチェリーは、
この効果が高いようです。

 

ただし市販された物を購入すると、
さくらんぼの成分以外が多く含まれているので、
基本的に手作りすることになると思います。

 

終わりに

今回は筋肉痛を治す方法として、
4つの対処法をお伝えしました。

 

手軽にできるのは、
アイシングと温熱療法ですね。

 

他の方法は、
準備が必要なので、
少し面倒かもしれません。

 

ですからアイシングと温熱療法を中心に、
筋肉痛への対処は行うと手軽で良いと思います☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク


おすすめの記事