腰痛に対処するには、
食べ物にも気を付ける必要があります。

 

また腰痛になりにくくなるためにも、
食べ物は重要になりますので、
腰痛の予防のためにも食べ物は重要です。

スポンサードリンク

腰痛への対処となる食べ物

腰痛にはどのような食べ物が、
対処や予防として役立つのでしょうか?

 

を挙げるのなら──

 

タンパク質

タンパク質は、
筋肉や血液を作るのに必要。

 

とうぜん、
腰の筋肉にも必要となります。

 

タンパク質は、
以下の食材に多く含まれています。

 

  • 肉類(豚、牛、鶏など)
  • 大豆類(豆腐、納豆など)
  • 魚介類(サケ、サバなど)

 

ビタミンB

ビタミンBを摂取すると、
血行が良くなる。

 

だから腰の筋肉にある、
細かい血管や、
内臓の血行も良くなり、
腰痛に良い効果が出る。

 

ビタミンBは、
以下の食材に含まれています。

 

  • 玄米や麦ごはん
  • レバーや豚肉
  • 豆類
  • 乳製品(牛乳、チーズなど)
  • 葉菜類(ほうれんそうなど)

 

ビタミンE

ビタミンEを摂取すると、
筋肉の疲労が回復する。

 

腰の筋肉の疲労も、
回復を促してくれます。

 

ビタミンEが、
多く含まれているのは──

 

  • ナッツ類(アーモンドなど)
  • 食物油
  • タラコや鰻
  • アボガドやカボチャ

 

カルシウム

カルシウムは、
骨を強くしてくれる。

 

当然、
腰の骨も強くしてくれます。

 

カルシウムを、
多く含んでいる食材は──

 

  • 乳製品(牛乳など)
  • 海藻類(海苔など)
  • 小魚(にぼしなど)
  • 大豆製品(納豆など)

スポンサードリンク

酢酸

酢酸は、
カルシウムの吸収効率を、
高めてくれる。

 

更には、
血行促進にも役立ちます。

 

酢酸を、
多く含んでいる食材は──

 

  • すっぱい食べ物(梅干しなど)

 

グルコサミンやコンドロイチン

グルコサミンやコンドロイチンは、
腰痛を考えた食事で、
とても重要です。

 

グルコサミンは、
骨と骨の間でクッションとして働く、
軟骨を作るのに必要です。

 

コンドロイチンは、
軟骨がすり減るのを抑制します。

 

これらの栄養素は、
片方が入っている食べ物には、
もう片方の栄養素も入っています。

 

グルコサミンやコンドロイチンを、
多く含んでいる食材は──

 

  • ネバネバした食材(山芋)
  • 軟骨
  • 鶏皮
  • 牛すじ

 

終わりに

今回は、
腰痛への対処や予防になる、
食べ物についてまとめました。

 

食べ物による腰痛対策は、
効果が出るのに時間がかかります。

 

ですから、
日頃の食事内容を変えるつもりで、
気長に行う必要があります。

スポンサードリンク


おすすめの記事