フルーツは、
冷凍することで栄養価が、
高くなる場合があります。

 

冷凍した多くのフルーツで、
ビタミンCや抗酸化物質が、
増えたという報告がある程です。

スポンサードリンク

フルーツの冷凍による栄養価のアップ例

少し具体的な例を出すのなら、
スーパーでよく見かけるブルーベリー

 

冷凍した物と生の物とを比べると、
ビタミンC、アントシアニン、ポリフェノールの、
含有量に違いがあるそうです。

 

フルーツの冷凍保存について

スーパーなどで見かける、
冷凍保存されたフルーツ

 

のフルーツよりも、
安いですよね。

 

フルーツは冷凍保存すると、
栄養価が高くなりますが、
冷凍保存は流通にも影響を与えるので、
フルーツの値段にも影響を与えるのです。

 

ですから、
フルーツの冷凍は栄養面だけでなく、
値段にも良い影響を与えるということですね。

 

フルーツの冷凍保存の行い方

フルーツの冷凍保存をする場合、
少し工夫をするようにしなければ、
食べるときにマズイと感じてしまいます。

 

冷凍に向いたフルーツと、
冷凍に向かないフルーツがあります。

 

冷凍に向いたフルーツというのは、
味の濃いフルーツ。

 

冷凍に向かないフルーツというのは、
水分の多い味の薄いフルーツ。

スポンサードリンク

冷凍するフルーツは、
向いた物を使いましょうね。

 

では、フルーツの冷凍について、
具体的な方法を見ていきましょう。

 

フルーツの具体的な冷凍保存方法
  • バナナ
     1皮をむく
     2ラップで包む
     3冷凍庫に入れる
     4食べるときにスライスをする
  • パイナップル
     1一口サイズに切る
     2密封容器に入れる
     3冷凍庫に入れる
  • ぶどう
     ○ぶどうを冷凍する時は洗わない
     1茎を少しだけ残して実を1つずつとる
     2密封できる袋などに入れる
     3冷凍庫に入れる

  •  ○柔らかくなってから冷凍をする
     ○皮とヘタのついたまま冷凍庫に入れることも可能

 

終わりに

冷凍したフルーツというのは、
一口サイズに切って、
冷凍庫に入れる場合が多いです。

 

だから冷凍したフルーツは、
忙しい朝などでも手軽に食べられますので、
フルーツの栄養を手軽に補えます。

 

このことを考えると、
フルーツを冷凍することは、
フルーツを食べる習慣を作るのに、
役立つということです。

 

冷凍フルーツで、
フルーツを食べる習慣をつけましょう。

スポンサードリンク


おすすめの記事